HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


加須夜神社
かすやじんじゃ
[三重旅行] 三重県伊勢市柏町1607−2  Zenrin Data Com Maps display !!


右三巴

式内社 伊勢國多氣郡 加須夜神社
旧村社

御祭神
出雲笠夜命
合祀
八柱神 日枝権現 木花佐久夜毘賣命 海神 不詳一座

三重県伊勢市にある。
近鉄明星駅の北東1.5Kmほどの柏町に鎮座。
大堀川の東方に、社域の杜がある。

境内入口は西側、社域の杜に入ると左手に石造の鳥居が立っており、
鳥居の右手に「加須夜神社」と刻まれた社号標。
鳥居をくぐり参道を北上すると木造の鳥居があり、参道の奥に拝殿。
拝殿の奥に、垣に囲まれた神明造の本殿がある。

現社地には昭和になって遷座したもので新しく、
境内社などは見られないが、雰囲気のある杜は印象的だ。

創祀年代は不詳。
柏集落の産土神で、式内社・加須夜神社に比定されている古社。

当時、柏町129番地(大堀川の近くか)に鎮座していたが、明治の神社合祀により、
明治四十二年六月、境内社・油殿社(元八王子、文政四年、字油殿から遷座)、
境内社・内山社(日枝権現、字内山から文政四年に遷座)、
字柏殿鎮座の無格社古殿社、字北稲場鎮座の無格社浅間社、
字鍛冶田鎮座の無格社水神社とともに、北浜の村社北浜神社に合祀され廃絶。

その後、氏子等の努力により、
昭和七年一月、現在地に本殿、拝殿などの礼拝施設を調え、
北浜神社より分祀されたが、いぜん未公認の神社であり、
北浜神社の御旅所となっていたようだ。
その後、戦後の昭和二十六年三月十五日、神社本庁の許可を得て、
北浜神社から独立し、加須夜神社が復活した。

鎮座地である柏は、『神鳳鈔』に「糟屋御薗」とあり、
「カスヤ」から「カシワ」に変化したもの。

祭神の出雲笠夜命は、出雲臣の祖・佐比祢足尼の孫で、
成務天皇の時、勅により島津(志摩)国造となった人物。

式内社・加須夜神社の鎮座地に関しては、諸説柏町で一致しているが、
その該当社、あるいは古跡については、柏殿、古殿、産神社などの候補があった。
だが、現在は当社にすべて集約されているようだ。

当社の神紋は『三重県神社誌』に「右三つ巴」と記されている。


社域

鳥居

境内

境内

拝殿

本殿

拝殿から本殿


最終更新日:2014/10/15
【 加須夜神社 (伊勢市) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市