HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


神村神社 社地跡
かむらじんじゃ しゃちあと
[三重旅行] 三重県伊勢市御薗町高向二ツ屋113  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊勢國度會郡 雷電神社

御祭神
祭神不詳(蕪矢大明神)

高向大社の北、23号線へ向う道路脇にある。
碑は道路を背にして立っている。つまり南向き。

「神村」と書いて「かむら」と読む。

当地は、高向郷の一邑であった加村(神村)の地で、
神村社(加牟良神社)が鎮座していた場所。

中世、文安年中には加村は廃絶しており
文明年間には、蕪(かぶ)社とも称されていたという。

貞観三年八月、高向住人の三津正盛が個人的に祀った古社。
宮川から流れて来た白羽の鏑(かぶら)矢を祀ったため
蕪矢大明神と呼ばれたという伝承があるが、
加村(かむら)からの付会だと思う。

ただし、京都山城賀茂別雷神社の丹塗矢の伝承と似ており
当地と鴨との関連も連想させる。
よって、祭神を別雷神とする説があり、式内社・雷電神社の論社となっている。

明治四十一年十月二十一日、高向大社に合祀され
昭和十三年八月、水難災厄の後、神社跡に碑を建立したという。


石碑

碑文

神村社を奉斎した加村は高向村の枝郷で本村よ りさらに西北の宮川沿ひに位置し、年代は不明だが度々の 水害によつて早く高向村に移転したと伝へられる、
『高向神社記』に引く「蕪社棟札記」によれば、神村社 の創祀について「貞観三年八月五日大雨降洪水時大野大椙 本ニ白羽蕪根矢白川流留ル。三津正盛此一筋矢見付我屋持 來、其夜大光動、正盛恐テ件矢大椙之邊ニ造社、彼矢神躰 祭號蕪矢大明神也。今加牟良社也」と記す。社料としては 「豊受皇太神宮末社」の宇須野社の「鯛祭田之内一石代米 納」と、同じく槐本社の御供料麥「十三石」の内二石八斗 五升が御供料として充てられてゐる。このことは同じ氏神 であつた高向大社が社人二人に十二石宛社料として給し、 神事修理のため二町の田があつたことと比較すると違いが よく分かる。このような経営がなされてゐたことは『類聚 神祇本源』の外宮別宮編の「長徳三年(九九七)八月田社卅 三前」として「神村社」が記載されてゐること、すなはち 外宮の関連の神社として祭祀が行はれてゐたことを一方で 裏付けてゐると考へられる。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2014/03/30
【 神村神社社地跡 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市