HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


宇久須神社
うぐすじんじゃ
[伊豆箱根旅行] 静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須1269−1  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊豆國那賀郡 宇久須神社
旧村社

御祭神
積羽八重事代主命

静岡県の西伊豆町にある。
136号線から東へ1Kmほど、
宇久須港に流れ込む宇久須川と大久須川の合流するところ。
410号線の側に境内がある。
境内入口は西側。
赤い鳥居をくぐると広い境内。
境内に入って左手に、戦没者慰霊塔。
境内の奥(東側)に、社殿がある。

社殿は、拝殿の後方に、慶長三年造営の本殿を納めた覆屋があり、
拝殿は切妻造、覆屋は入母屋造。
参拝が、年末大晦日だったためか、
覆屋の扉が開いていたので、中の本殿も撮影。

創祀年代は不詳。

『伊豆国神階帳』に「従四位上 宇久須の明神」とある古社で、
式内社・宇久須神社に比定されている神社。

当社の社号「宇久須」に関しては幾つかの説がある。
まず、浮き楠の意味であり、楠で作った船の霊を奉斎する意味。
あるいは、大楠や小楠から来たとする説。
どの説も、楠との関係を示しており、
当地に楠が多かったということである。

祭神は、積羽八重事代主命
一説には、別殿に五座を祀るとある。
その五座とは、正八幡宮・若宮八幡宮・今宮八幡宮の誉田別命
厳島神社の市杵島姫命、金刀比羅社の大物主命

古来、三島大明神と称し、当地方の総鎮守であったが、
明治七年に現在の社号に改められた。

覆屋の中には、本殿の他にも
幾つかの境内社らしき祠が置かれていた。
資料にも、境内社に関する記述が無いので、
これらは、別殿として祀られている五座かもしれない。


鳥居

境内

社殿

本殿

本殿

社殿内の祠

社殿内の祠

宇久須神社
鎮座地賀茂村宇久須一二六九ノ一
御祭神積羽八重事代主命
例祭日十月三日
由 緒
創建の年代は詳かでないが古社で
式内神社として延喜式内神明帳に
詳かなり。
御本殿慶長三年三月 御造営
釣灯籠慶長十四年十一月大久保
石見守長安奉納県文化財
三十六歌仙慶長十七年八月
服部大蔵外二名寄進
古代より宇久須大明神三嶋大明神
と稱し農業漁業商業の神様として
仰がれ親しまれて今日に至る。
明治七年九月に宇久須神社と改名

−社頭案内−



最終更新日:2013/10/09
【 宇久須神社 (西伊豆町) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市