HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


荒木神社
あらきじんじゃ
[伊豆箱根旅行] 静岡県伊豆の国市原木90  Zenrin Data Com Maps display !!



式内社 伊豆國田方郡 荒木神社
旧郷社

御祭神
天津日子根命
別殿
熊野久須毘命 元字下野鎮座・熊野神社
高淤加美命 元字保曾毘阿比鎮座・貴船神社

静岡県伊豆の国市にある。
伊豆箱根鉄道駿豆線・原木駅の南西600mほどの原木に鎮座。
狩野川の東側、136号線・原木交差点の東側に
参道入り口の鳥居が建っている。
鳥居の脇には「延喜式内 郷社荒木神社」と刻まれた社号標。

鳥居をくぐると、綺麗な植え込みのある参道が東へ30mほど延びている。
参道を進むと、境内入口の鳥居。
参拝は、年末の朝。朝日の昇る頃。
鳥居の奥の境内は、朝日を浴びて眩しいほどに輝いていた。

入口は狭いが、幾つかの巨木の茂る境内は、思ったより広い。
境内奥には、入母屋造の社殿が西向きに鎮座。
拝殿の後方に瓦葺の社殿があるが、
本殿はこの中にあるのかもしれない。

創祀年代は不詳。

『伊豆国神階帳』に「従四位上 あらきの明神」とある古社で、
式内社・荒木神社に比定されている神社。

鎮座している田方郡に、茨城郷があったようで、
古い棟札には「茨木神社」と記されている。
よって、茨城(茨木)が、鎮座地名の原木となり
社号の荒木へ変化したものと考えられている。

原木の地名は「吾妻鏡」には棘木と記されているらしい。

以前は、鞍掛明神とも称されていた。
これは、源頼朝が蛭ケ島の流されていた頃、当社の祈願し
参拝毎に、馬の鞍を鳥居前の木に掛けていた故事によるもの。

社殿の右手に境内社がいくつか並んでいるが詳細は不明。
昭和十六年の『静岡県神社誌』には、
伊勢両大神宮、三珠神社、風神社、御門神社、稲荷神社、
許登比良神社、山神社、八坂神社、厳島神社、八衢神社の
十社相殿の祠があると記されているが、
現在は、祠の数はもっと多いので、その後増えたのかもしれない。

社殿の屋根に、桐の紋が付けられていた。
当社の神紋かどうかは不明だが、
当社の南にある守山八幡宮にも桐紋が付けられていたので
地域性なのかもしれない。


鳥居

参道

鳥居

境内

社殿

境内社


最終更新日:2013/10/09
【 荒木神社 (伊豆の国市) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市