HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


田中神社
たなかじんじゃ
[静岡旅行] 静岡県磐田市中泉1689  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 遠江國磐田郡 田中神社
旧村社

御祭神
宇迦之御魂命

静岡県磐田市にある。
磐田駅の北西500mほどの中泉に鎮座。

境内入口は南向き。
公園のような境内入口には石の鳥居。
境内に入ると、右手に公民館があり、正面奥に社殿がある。
境内には老人憩いの家などがあり数台の車が停まっていた。

拝殿は切妻造平入り。後方の本殿は覆屋の中にあるようだ。
社殿は全体的にピンク色。老人憩いの家もピンク色だった。

参拝は九月の中旬、朝六時頃。
社殿の右手に大きく枝を延ばした御神木に朝日があたって美しかった。

社伝によると敏達天皇四年(575)の創祀。
式内社・田中神社に比定される古社。

元は現社地の東南2Kmほど(西の島あたり)の田中の森、
あるいは手長森と呼ばれた地にあり、手長大明神とも称されていた。

いつの頃か(一説に享保二十年)、水害により現社地に遷座。
あるいは慶長年間、家康の御殿近くであったため遷されたとも。

当地は府八幡宮の社領であったため、八幡宮の末社(あるいは摂社)となっていたようだ。

明治六年村社に列し、明石神社を合祀した。

祭神は宇迦之御魂命
「田中」の社号から稲の神だと考えられたのだろうが、
手長明神とも呼ばれたため、手長命(足名椎神)とする資料もあるらしい。

『式内社調査報告』によると、数十年前、古社地の大木が倒れ石棺が出土。
その中から白骨が出たようで、周辺から貝塚や石斧。土器なども出土したことから
当地にはアイヌ系の人々が住んでいたと推測され、
彼らを「手長」と称していたことから手長明神となったという説があるらしい。


境内社頭

境内

拝殿

本殿覆屋

御神木


最終更新日:2013/10/09
【 田中神社 (磐田市) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市