HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


阿波神社
あわじんじゃ
[三重旅行] 三重県伊賀市下阿波879  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊賀國山田郡 阿波神社
旧郷社

御祭神
稚日女神 猿田毘古命 火産靈命
合祀
菅原道眞 火迦具土命 健速須佐之男命
天忍穗耳命 天穗日命 天津日子根命 活津日子根命 熊野久須毘命
多紀理比賣命 狹依毘賣命 多紀津比賣命
大物主命 少彦名命 速玉之男命 大山祇命 山王

天日方奇日方命 『神名帳考證』(出口延経)
息長田別命 『三重縣神社誌』(大正版?)
猿田彦命 神功皇后 『伊水温故』
神功皇后 『三國地誌』

三重県伊賀市にある。
伊賀市から、旧久居市へ向う163号線を15Kmほど。
下阿波で少し南へ入ると、田畑の広がる南の山の麓まで、
まっすぐに延びた参道がある。

境内そのものは、あまり広くはないが、
鎮座している小山全体が神域なのだろう。

階段の下から見上げると、本殿のある覆屋の屋根が大きく見え、
「なんと、大きな本殿なのだろう」と感動したが、
階段をのぼり、拝殿の後方へ回ると、斜面の上に覆屋。
その中の本殿は、あまり大きくはなかった。

創祀年代は不明。

『日本書紀』神功皇后の条に、
神功皇后が、神の告げを聞かずに死んでしまった仲哀天皇の斎宮を小山田邑に造り、
さらに、その神々の名を神託によって聞き出した時、
「尾田の吾田節の淡郡(あわのこおり)にいる神である」と答えられた。

この「小山田邑」が当地であり、淡郡の神が当社祭神であるとする説がある。

また、伊賀の阿波が、阿波君の本貫とし、
阿波君の氏人が、その祖神(息長田別命)を祀ったとする説もある。

中世に、阿波越後という郷士が、杉尾白鬚神を合祀したため、
椙生社・白鬚惣社・杉尾大明神などとも呼ばれていた。

『式内社調査報告』によれば、
鎮座している小山の山頂に、天狗松という大きな松が、
遠くからでも見ることができる、とあったが、気づかなかった。


社域

鳥居

階段上に拝殿

さらに上の覆屋の中に本殿

覆屋

本殿


最終更新日:2013/10/09
【 阿波神社 (伊賀市) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市