HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


湯前神社
ゆぜんじんじゃ
[伊豆箱根旅行] 静岡県熱海市上宿町4−12  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊豆國田方郡 久豆彌神社

御祭神
少彦名命

静岡県熱海市にある。
来宮駅の東500mの上宿町に鎮座。
だが、車道から狭い道を入った場所にあり、
言葉で説明するのは難しい。
とにかく、それらしき木を目印に、
路地をウロウロと彷徨って到着。

境内の左手に、天然記念物のクスノキが聳え、
青空の下に枝を広げた姿が美しい。
鳥居をくぐり、境内に入ると右手に手水鉢。
さすが熱海、手水には温泉が垂れ流されていて
もうもうと湯気が上がっている。

熱い温泉で手を潅ぎ、階段を上ると正面に社殿。

社伝によれば、天平勝宝元年(749)
祭神・少彦名神が、小童に神託し、
当地の温泉の効能を示したといい、
里人が祠を建てて、これを祀ったのが当社の創祀。
当初は、大己貴命と少彦名神の二柱を祀っていたという。

当社の鳥居前20mほどの所に、熱海温泉の最初の元湯があり、
関東大震災以前は、猛烈な勢いで噴出していた間欠泉だったという。
その元湯の前に祀られた神社であるところから、
湯前神社の名が付けられたという。

式内社・久豆彌神社の論社の一つであり、
平安以前から崇敬されていたと思われる古社である。

境内後方の高台に、マンションが聳えており、
境内は見下ろされているようで、違和感を感じてしまう。
熱海は坂の町だから、仕方がないのかもしれないが、
やや、不遜な雰囲気。


社域

境内のクスノキ

温泉の手水

鳥居

手水舎上の祭神像

境内

境内

マンションに見下ろされる社殿

湯前神社由来記
祭神少彦名神
玄古 大己貴神、少彦名神の二柱我が秋津洲の 民が夭折することを憫み禁薬と温泉の術を制 めたまいき(伊豆風土記)とある如く温泉の神とし て古代から尊崇されている。
例祭二月十日。十月十日
由緒
旧記に依れば「今から一千二百余年前(天平 勝宝元年)神、小童に託して曰く、諸人此なる温泉 に浴せば諸病悉く治癒せんと因って里人祠をたて 少彦名神を祀る」とあり。
然れども往古熱海に温泉の湧出せし時には既 に祀られしものと考えられる。永正十八年、寛文七 年に再興している。平安朝の頃より徳川明治に至る迄公 家、将軍、大名等を始め入浴者及び一般庶民の崇敬 が厚い。
特殊神事献湯祭。湯汲み道中。
毎年春秋二季の例祭に当り神前に元湯の温泉を献湯し て浴客の健康安全を祈り併せて江戸城へ当温泉を献上せ し往古を偲んで古式に則り「湯汲み道中」が行われ此の 日は市中が賑わう。

−境内案内−



最終更新日:2013/10/09
【 湯前神社 (熱海市) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市