HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


八幡神社
はちまんじんじゃ
[岐阜旅行] 岐阜県岐阜市長森岩戸  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 美濃國厚見郡 物部神社

御祭神
應神天皇

岐阜県岐阜市にある。
岐阜駅の北東3kmほどの岩戸森林公園に鎮座。
248号線を東へ進み、岐阜東バイパスの手前で北へ入る。

岩戸森林公園の南端、西側の山の麓に境内があり、
通称は、岩戸八幡神社。境内入口は東向き。
鳥居をくぐり、参道を進むと拝殿があり、後方に本殿。

境内には「担石」と称する力石が置かれており、
境内社が数社、山の斜面に点在しているが
詳細はわからない。

明治初年、岩戸村の氏神として
海津郡より勧請された神社。

境内に伊奈波神社方面から、稲葉山麓を経て
各務原方面に通じる「ジンム道」と呼ばれる古道があるらしく
式内社・物部神社の古社地であると考えられている。

一説には、式内社・物部神社は、もと当地(岩戸)にあったが井ノ口へ遷座し、
そこへ、丸山より伊奈波神社が遷座して来てのち、伊奈波神社に合祀されたとする。


鳥居

参道の担石

境内

拝殿

社殿

社殿

境内社

境内社

境内社

上記のように、当社岩戸八幡神社は明治初年に勧請された神社だが、
当社境内、あるいは岩戸観音が、式内社・物部神社の古社地と考えられている。

岩戸観音は、正式名を「厳窟観世音菩薩」といい、
当社境内から200mほど北、岩戸森林公園の北側にある。
ちょっと長めの階段を上ると、岩穴があり、拝所がある。
岩の入口は鉄の格子が嵌められているが
内部には、人の背丈程のお堂が安置されている。


厳窟観世音菩薩

参道

岩窟

内部にお堂

上記のように、当社岩戸八幡神社は明治初年に勧請された神社だが、
当社境内、あるいは岩戸観音が、式内社・物部神社の古社地と考えられている。

では、八幡神社が勧請される以前は、どのような状態だったのだろかと想像してみた。
地図を見ると、当社の北、ほんの50mほどの場所に
岩戸神社という神社が存在する。

猿田彦命を祀っているらしい岩戸神社に関する由緒は未確認だが、、
社殿は岩の上にあり、古代からの祭祀を思わせる。
少なくとも、明治以前から祀られていたような、そんな神社。
(由緒未確認なので、あくまでも印象)
もし、古代から祀られているものなら、
岩戸神社が式内社・物部神社の古社地であっても不思議はないと思うのだが、
手持ちの資料には、岩戸神社に関する記述は見られない。


鳥居

参道

岩の上に社殿

拝殿

本殿


最終更新日:2013/10/09
【 八幡神社 岩戸八幡社 (長森岩戸) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市