HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


麻續神社
おおみじんじゃ
[三重旅行] 三重県多気郡明和町中海87  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊勢國多氣郡 麻續神社
旧郷社

御祭神
豊城入彦命
豊鍬入姫命 須佐之男命 応神天皇
大己貴命 宇迦之御魂神 豊受比賣神
不詳三座

合祀 式内社 伊勢國多氣郡 火地神社

三重県明和町にある。
近鉄山田線斎宮駅の北3Kmほどの中海(なこみ)に鎮座。
祓川がくねっと湾曲している場所にある集落の南西部、
眞福寺の南に東向きの境内がある。

参拝は3月中旬の日の日没間近。
社前には田が広がっており、水を張った春先や、青々と稲の実った夏、
黄金色に実る秋には美しい景色なんだろうな、
などと刈り取られた田を見ながら参拝開始。

境内入口を入ると石鳥居が立っており、
左手に手水舎、右手に「延喜式内麻續神社」と刻まれた社号標。
鳥居をくぐって左・右と、わずかに参道を進むと瓦葺の拝殿。
拝殿の後方、少し離れて垣の中に神明造の本殿がある。

当社の社号「麻續」は「おおみ」と読む。

創祀年代は不詳。式内社・麻續神社の論社となっており、
延喜斎宮式に、斎宮の祈年祭や新嘗祭に預かっている古社。
江戸時代には八王子と称し、当村の産土神として尊崇された神社。

御巫清直によると、鎮座地・中海は、中麻績の約まったもので、
『三代実録』貞観五年(八六三)八月十九日条に、
伊勢國多氣郡百姓外少初位下麻續部愚麻呂。麻續部廣永等十六人。
復本姓中麻續公。愚麻呂等自款云。豊城入彦命之後也。
」とあり、
本姓中麻績公に復した伊勢国多気郡の百姓外少初位下麻續部の愚麻呂。
麻續部の廣永等十六人が自ら豊城入彦命の後裔であるとする記事を元に、
当社は、中麻績氏の祖神である豊城入彦命を祀る神社であるという。

明治初年、中海の旧名である中麻績神社と改称。
明治三十九年十二月神饌幣帛供進社に指定され、
明治四十五年四月十一日、当社の境内社天之真井神社、別宮社、
坂本の佐賀茂登神社と境内社天瓊鉾神社、天雨拝現神社、若宮八幡神社、稲荷神社、
坂本の田中神社と境内社八柱神社、馬之上の栗須美神社、美里神社、
宇気比神社、須賀神社を合祀して、麻績神社と改めた。

坂本の佐賀茂登神社に関しては、昭和四十三年、坂本神社として分祀し、旧社地へ戻されている。

当社の神紋に関して、参拝時には確認できなかったが、『三重県神社誌』にも「無」とある。
神紋は特にないようだ。


社域

鳥居

拝殿

境内

拝殿内

垣内に本殿

本殿

本殿


最終更新日:2014/08/18
【 麻續神社 (明和町) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市