HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


魚見神社
うおみじんじゃ
[三重旅行] 三重県松阪市魚見町815  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊勢國多氣郡 魚海神社二座
旧村社

御祭神
天照皇大神 月讀荒魂命
配祀
天之忍穗耳命 須佐之男命 火之迦具土命
応神天皇 大山津見命 倭姫命

三重県松阪市にある。
松阪駅の東6Kmほどの魚見町に鎮座。
櫛田川にかかる魚見橋を渡ったあたり、
櫛田川の右岸、田畑に囲まれた杜が当社の境内。

境内入口は南向き。
鳥居の左脇に「行宮阯」と刻まれた石碑、
右脇に「式内魚見神社」と刻まれた社号標が立っている。

鳥居をくぐり杜の中に入ると、鬱蒼と茂る木々によって、やや暗めの境内。
クランク状の参道を進むと当社の社殿。
拝殿の扁額に「魚見神社」とあり、拝殿の奥、
塀に囲まれて神明造の本殿がある。

境内の隅に「一千九百五十年祭碑」と刻まれた石碑が立っていた。

垂仁天皇御代、倭姫命が天照大神を奉載し、
大神御鎮座の地を探して櫛田川を下っていた時、魚が自然に集まって
御船に飛び込んできたのを見て、倭姫命が大いに喜び、
この地に魚見社を創祀したという。

魚見町の北にある川島町鎮座の魚海神社とともに
式内社・魚海神社の論社とされる古社。

延喜式には魚海神社二座とあり、
『式内社調査報告』によると、当社では天照皇大神月讀荒魂命
相殿の月読荒魂命は、神宮の別宮に祀られている神だが、
『倭姫命世記』によると飛鳥宮(天武天皇)の御宇、
魚見神社に奉遷したと書かれているらしい。

ただし、祭神に関して『平成祭データ』には、天照皇大神、月讀荒魂命の名は記されておらず、
天之忍穗耳命を主祭神として配祀の神々の名だけが載っている。

当社は江戸時代には「二天八王子」と称され、
明治になって、二天を除いて、天之忍穗耳命などの八柱神(八王子)を祀る
宇気比神社と改称されたためだろうか。

当社は明治五年三月十一日に村社に列せられたが、
明治四十二年に大国玉神社に合祀された。
その後、氏子の総意によって昭和十年三月六日に古社地に分祀再興。
昭和二十八年、由緒を考慮して宇気比神社から魚見神社へ改称された。


社頭

行宮阯

式内魚見神社

境内入口鳥居

境内鳥居

境内

拝殿

本殿

拝殿扁額

一千九百五十年祭碑


最終更新日:2015/02/24
【 魚見神社 (松阪市) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市