HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


八剱神社
やつるぎじんじゃ
[岐阜旅行] 岐阜県羽島市桑原町八神字八剱4983  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 尾張國中嶋郡 石刀神社
旧郷社

御祭神
八剱神社 櫛岩窗神
稲荷神社 倉稻魂神

岐阜県羽島市にある。
岐阜羽島駅の南5Kmほどの桑原町八神に鎮座し、
通称は八神様。

長良川と木曽川に挟まれた場所にあり、
134号線の北側の道路に面して参道入口の鳥居が建っている。
鳥居扁額には「八剱宮」とあり、
鳥居の右脇には「郷社 八剱神社」と刻まれた社号標。
その右隣りには「稲荷神社 八剱神社」と刻まれた、もう一つの社号標。
どうやら、八剱神社と稲荷神社が祀られている神社らしいとわかる。

鳥居をくぐり、参道を進み、小川にかかる橋を渡って
さらに参道を進むと赤い両部鳥居が建っている。
その鳥居をくぐると社殿のある境内。
参道正面に拝殿があり、参道左手に手水舎。

社殿は瓦葺の拝殿と、その後方、石組みの上に幣殿らしき社殿。
その後方に二棟並んだ、流造の本殿がある。

残念ながら、当社の由緒については未確認なので
稲荷神社と併祀されているかどうかも未確認。
ただ『平成祭データ』では、八剱神社と稲荷神社は同じ住所になっており、
末社もすべて同じ社が記されている。

式内社・石刀神社の論社の一つとして参拝した神社で、
本社社殿の左手に石が祀られており、
「式内石刀神社旧跡」とある。

『式内社調査報告』によると
鎮座地の八神は、岩神からの変化で
石門(石刀)の社号から発生した地名、という説があるらしい。

八剱神社の祭神は櫛岩窗神

ちなみに、『平成祭データ』では
八剱(八剣)神社という神社は全国に188社ある。
天叢雲剣・草薙剣との関連から、多くは素盞嗚尊日本武尊を祭神とするが
櫛岩窗神を祭神とする社は当社のみ。
もし、式内社・石刀神社の論社となった故に、
後から祭神が変更されたのでなければ
当社が、本来は石刀神社で、石神→岩神→八神への地名変化と相関して
八剱の社号へ変化したとみる説も面白いかもしれない。

境内左手の林の奥に境内社が一つあり、
扁額に以下の名が併記されていた。
若宮八幡神社・八幡神社・白髪神社(白鬚?)・
多度神社・富士浅間神社・金比羅神社。

『平成祭データ』には、上記の社名の他に、
秋葉神社(火之加具土命)の名がある。

境内右手奥の林の中にも祠が2つ。
さらに境内には祠があるのだが、
どれかの祠が秋葉社だと思うが、詳細は不明。


参道入口の鳥居

参道

境内入口の鳥居

境内

社殿左に石刀神社旧跡

社殿

式内石刀神社旧跡の石

左の本殿

右の本殿

本殿後方から見ると二棟だとわかる

境内左手の境内社

境内社

境内右手奥の二祠


最終更新日:2013/10/09
【 八剣神社 八剱神社 (羽島市桑原町) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市