HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


八幡神社
はちまんじんじゃ
[伊豆箱根旅行] 静岡県賀茂郡南伊豆町子浦1000  Zenrin Data Com Maps display !!

天満宮

梅鉢

八幡宮

巴紋

式内社 伊豆國賀茂郡 伊波久良和氣命神社
旧村社

御祭神
伊波久良別命 別殿 菅原道眞公

静岡県の南伊豆町にある。
伊豆半島の北西部にある子浦港を見下ろす場所。
道がよくわからなかったので、漁港付近に車を止めて歩いて参拝。
港の西側、路地のような道の奥にあったと思うが自信はない。

とにかく参道らしき道の突き当たりに鳥居を発見。
階段を上ると、褐色の鳥居が建っており、
奥の境内は、旅館か民宿のための駐車場になっていた。

境内の左手に階段があり、岩穴をトタンで覆ったようなものがある。
注連縄で祀られていたので、中を覗いてみたがよくわからない。
稲荷のようなものが祀られている雰囲気だった。
その岩から振り向くと、子浦港が見下ろせる。
さらに、その岩穴より上へ道が続いていたが、何かあるのだろうか。

拝殿は瓦葺だが、赤く塗られている。
屋根の上には、当社の神紋と思われる梅紋と巴紋の金飾り。
拝殿前にも車が止まっており、雑然とした雰囲気なのだが、
拝殿の後方は、その雰囲気が一変。
静かな神社の趣きがある。

階段の奥には、きれいに整備された境内があり覆屋が鎮座。
覆屋の扉が開いていたが、いつも開いているのだろうか。
参拝は正月三日なので、附近の方々の年始用に開いていたのかもしれない。

覆屋の入口の左右には、「天満宮」と「八幡宮」と記された扁額。
覆屋の中には、天満宮の社殿と八幡宮の社殿、御輿などが安置されている。
左手の天満宮の社殿はやや小ぶりで、赤褐色に塗られており、
右手のどっしりとした八幡宮は黒い漆塗りで、
彫刻にも彩色が施されて美しかった。

創祀年代は不詳。

式内社・伊波久良和氣命神社の論社となっている古社で、
伊豆国神階帳に「従四位上 いはくらわけの明神 」とある神社。

もとは現在地より1.5Kmほど、
子浦から蛇石への街道の東、岩倉の窪という地にあったという。
現在地への遷座がいつの頃なのかは不明だが、文明十八年以前であったらしい。

昔、事代主命(三島大神)が一族諸神を率いて来られた時、
まず、妻良に上陸し妃神をその地に置き、
御子神を、この子浦の地に置かれたという。
その御子神は、一説には物忌奈命であり、伊波久良別命と名付けたとともいう。

以上のように、主祭神は伊波久良別命で、
別殿に菅原道真公を祀るのだが、なぜ八幡神社と称するようになったのかは
『式内社調査報告』『静岡県神社志』にも記載がないのではわからない。


境内入り口

鳥居

境内

境内左手の岩穴に…

稲荷?

岩穴から子浦港を見下ろす

拝殿後方に覆屋

覆屋

左に天満宮

右に八幡宮

天満宮

八幡宮


最終更新日:2013/10/09
【 八幡神社 (南伊豆町子浦) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市