HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


湊神社
みなとじんじゃ
[静岡旅行] 静岡県湖西市新居町新居1788  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

式内社 遠江國濱名郡 角避比古神社 名神大
旧村社

御祭神
須佐之男命

静岡県湖西市(旧新居町)にある。
JR新居町駅の南西500mに鎮座。
小学校の北にある丘が境内。
浜名湖の入口にある神社。

境内入口に鳥居と社号標が立ち、
参道の階段を上ると神門。
神門をくぐると正面に拝殿があり、
後方に本殿と思われる社殿があるが、覆屋だと思う。

創祀年代は不詳。

式内・角避比古神社の論社の一つ。
『特選神名牒』には、
「角避比古神は津の幸彦の神にして
湖口の開塞を知りて民の幸福を知ります神と云義にて
実は水門の功徳を称へ奉れる御名ならん」とある。

角避(つのさく)は、津の幸らしい。
浜名湖口の西側にあり、社名としては相応しい。
現社名である湊神社も、その立地からのものだという。

ただし、当社の現在地は、数度の遷座の結果で、
当社は、その後継の論社の一つ。
元の社地、つまり延喜当時の鎮座地は不明。

角避比古神社は、遠江国の大社として、
明治四年に国幣中社に列せられたが、
その論社の中から特定できず、
鎮座地不明のため社格は除かれた。

一般には、地震や海嘯のため、
海中に没してしまったと考えられている。

社殿の屋根や扉に三巴の紋が付いていた。


参道の鳥居と神門

神門

神門から鳥居

境内

本殿

拝殿

境内社

石が祀られていた

湊神社
鎮座地新居町新居一七八八番地
御祭神須佐之男命
例祭日十月十五日

由緒
 当神社の創立は不詳であるが西 暦八五〇年頃 官社に列せられる 程の名神社であった。数回にわた る天災を受け、宝永五年(一七〇 八)現在の源太山に遷座となる。
 往古は、角避彦神社と称したが 社地が湊にあることから 湊の開 閉を守る神として、いつしか里人 達は湊神社と称するようになった。
 また、当神社の御祭神は疱瘡の 守護神として、多くの信仰を集め 遠近からの参詣人でにぎわった。

−参道案内−



最終更新日:2014/06/05
【 湊神社 (新居町) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市