HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


棒原神社
すぎはらじんじゃ
[三重旅行] 三重県度会郡玉城町上田辺  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊勢國度會郡 棒原神社
皇大神宮摂社

御祭神
天須婆留女命御魂 御前神

外城田駅の北東、民家の間に、階段の参道がある。
階段を上ると狭い境内に社殿。

棒原は、現在「スギハラ」と読んでいるが、
延喜式の写本によっては、スキハラ・オイハラなどの訓がある。

皇大神宮の摂社で、式内社・棒原神社に比定される古社。

祭神は天須婆留女命御魂。
「スバル」の女神だと考えられ、
星の運行によって農耕を占っていたという。

中世には衰退し、寛文三年に再興された。
昔は正殿が二つあり御前神も祀られていたようだが、
再興時に一つになった。


社域の杜

参道階段

参道の上に境内

境内

社殿

社殿

『神宮典略』の当社の由緒の部分を紹介する。
榛原は帳諸本に棒原と見ゆ。(中略)されば、棒は誤 にて榛原といふべく、波比とも波理とも訓べきなり。 帳に、正殿二区、玉垣一重、坐地三町、四至東南松原、西澤岡、北道公田 とあり。北道は今の大和大道ならんか。此神社は田部 郷田邊村のうち朝久田村にあり。かゝれば此村の古名 は榛原といはざりしにや尋ねべき也。正殿二区とある 一区は前社ならん。此神社は奈良朝廷御世定祝、とあ り。此奈良朝は元正・聖武・孝謙・光仁天皇など皆奈 良の都になせば、いづれの御代と定めがたけれども、 其中に専ら聖武天皇御代をさしてならと云り。
此御代には伊勢に勅使参向の事あり。(中略)
称天須婆留女御玉、形無 此神の事は上、江神社にい へり。正殿二区は此御兒の長口女命を祭るか、前の社 か定めがたし。

−『式内社調査報告』−

祭神名から、かつては星の出具合に よって農耕を占う信仰が行われてい たと伝えられる。

− 『伊勢の神宮百二十五社めぐり巡拝地図』−



最終更新日:2013/10/09
【 皇大神宮摂社 棒原神社 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市