HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


水無神社
みなしじんじゃ
[岐阜旅行] 岐阜県高山市一之宮町石原5323  Zenrin Data Com Maps display !!


水瓢箪

朱印のページへ!!

式内社 飛騨國大野郡 水無神社
飛騨国一宮
旧國幣小社

御祭神
水無神 (御歳神
配祀
大己貴命 三穗津姫命 應神天皇 高降姫命 神武天皇 須沼比命 天火明命
少彦名命 高照光姫命 天熊人命 天照皇大神 豊受姫大神 大歳神 大八椅命

大己貴命 『一宮御本縁』
高照光姫命 『神名帳頭註』
神武天皇 『飛騨八所和歌裏書』
八幡神 『元禄検地水帳』
天火明命 『神名帳考証』
水神 『先代旧事本紀』

飛騨の高山市(旧宮村)にある。
飛騨一ノ宮駅の近く、高山市から南下する41号線の東そば。

雨上がりの早朝、朝靄の中の境内。

すでに、近くの方が参拝に訪れていた。

創祀年代は不詳。
社名は、「ミナシ」と読み、「ミズナシ」とも読む。

「水無」は、水主であり、
水主の神、あるいは、水主直の意味。
水主直は、新撰姓氏録では、火明命の後裔。
また、「水無」は、単に地名を付けたとする説もある。

祭神も、諸説あってハッキリしない。
それが、神社本来の姿であるような気もする。

山下集落の中央に、高さ20m、周囲1Kmの御旅山がある。
当社の南西7Kmにある位山を神体山とし、その神霊を祀る。
御旅山を、大己貴命の神陵とする説、前方後円墳とみる説などがある。

位山(1529m)には遊歩道があり、巨石群があるらしい。

島崎藤村の父・正樹が、宮司を勤めていた神社。
島崎藤村の『夜明け前』に登場する青山半蔵のモデルで、
境内には、その歌を刻んだの石碑がある。

きのふけふしぐれの雨ともみぢ葉と
あらそひふれる山もとの里


数段の階段の上が、広い境内。
左手に絵馬殿、右手には、ちょっと怪しげな雰囲気の社があるが、
これは、ダムに水没した白川郷の白川神社。

正面には廻廊に囲まれた神門。
後方の木々には、朝靄がただよい、まさに神域。


境内入口

社号標と御神木

境内

絵馬殿(旧拝殿)

白川神社

一般参拝人は、神門のところから参拝する。
神門の奥に、拝殿があり、背後に本殿が鎮座。


神門

拝殿

一度境内を出て、周囲を歩くと、流造の本殿を見ることができる。




本殿


境内の左手の林の中に、小さな祠が祀られていた。祖霊社だろうか。
ひっそりとだが、良い場所にある。
鳥居の側には、神木。ネジの木は、伐ることが決まったその夜に、
一夜にしてねじまがってしまい、神の祟りと恐れられ、
その後、当社の木が切られることはなくなったという。


境外左手の祠

神木・ネジの木

右手の稲荷社

飛騨一宮水無神社略誌
一、御祭神
水無神 御歳大神を主神として
相殿大己貴命神武天皇応神天皇 外十一柱
末社延喜式内外十八社及び国内二十四郷の産土神
一宮稲荷、白川社(御母衣ダム水没の白川郷より奉遷)
一、御由緒
神代の昔より表裏日本の分水嶺位山に鎮座せられ、神通川、 飛騨川の水主、また水分の神と崇め農耕、殖産祖神、交通の守護 (道祖神)として神威高く延喜式飛騨八社の首座たり。
歴代朝廷の崇敬厚く、御即位、改元等の都度霊山位山の一位材を 以って御用の笏を献上する。
明治維新、国幣小社に列し、旧来より飛騨一宮として国中の総社(総座) なり。本殿以下二十余棟建築凡七百坪は昭和十年起工、国費 を以って改築せらる。
飛騨はもとより美濃、越中、木曽に及んで分社、縁社二十余社を 有する。
一、祭祀
例祭 五月二日神幸祭、当社醸造の公認濁酒授与、神代踊、其の他奉納
節分祭 二月節分の日、追儺神事
生ひな祭 四月三日、日本唯一の生びな行列の供奉は圧巻
夏越祭 六月三十日、大祓式、茅輪潜に神事
除夜、元旦祭、年越詣
一、特殊神事
(一) 神代踊、当社にのみ現存する独特の神事にして毎年五月の 例祭及試楽祭に神社前と御旅山で行はれ無形文化財とし て指定せらる。
(二) 闘鶏楽、飛騨国中の神社にて特殊神事として行はれているも 往古当社より伝授されたるものなり、神代踊と共に氏子達百 五六十人が揃いの衣裳を着け、円陣をつくり踊る古風幽雅 な神事なり。
一宮神楽、雅楽に類するもので国中各神社へ伝授する。
(三) 一宮獅子、例祭、試楽祭のみ奉仕する。

−境内案内より−



古来、飛騨国一ノ宮として名高く、創始年代は神代にありと社伝にもあるが詳らかではない。 史上にあらわれるのは平安初期、貞観九年(867年)神位を授けられた記事にはじまる。 中世鎌倉時代には社領は付近十八 ケ村に達し、社家十二人と社運が隆盛であったが、戦乱にかかわって荒廃をみた。 江戸時代に入って歴代の領主、代官、郡代(天領時代)の尊崇をうけ、また、一般の厚い信仰にささえられ、 明治四年五月十四日、太政官布告によって国幣小社に列せられ、昭和十年より国費をもって十年の歳月を要する造営が なされ今日の社殿が完成した。昭和二十一年二月官制廃止後は神社本庁に所属し現在におよぶ。 社名の水無は『みなし』(水成)または、『みずなし』とも読み、俗に『すいむ』と音読することもあるが、 水主の意味である。社前を流れる宮川の川床があがり、流れは伏流して水無川となり、水無川、水無瀬河原、 鬼川原(覆ケ川原)の地名となっている。この宮川の源流位山は日本を表裏に分ける分水嶺になっており、 水主の神の坐す神体山として当神社の奥宮と称している。この霊山には一位(櫟)の原生林があり天然記念物とされ、 平治元年(1159年)には飛州一宮神主から位山の一位の御笏を献上したことがみえるのをはじめ、 一宮神領、位山の一位をもって謹製した笏を歴代天皇御即位に献上するのが例となって今日に至っている。

−『平成祭CDデータ』−



最終更新日:2013/10/09
【 水無神社 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市