HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


倭文神社
しどりじんじゃ
[伊豆箱根旅行] 静岡県伊豆市大野1179  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊豆國田方郡 倭文神社

御祭神
不明(倭文神か)

静岡県伊豆市にある。
伊豆箱根鉄道・修善寺駅から北東へ5Kmほどの大野に鎮座。
古川に沿って80号線(熱海大仁線)を進み、
大野に入って80号線から北へ入る。
言葉で上手く説明できないが、
地図を見ると、富士見平分譲地から
大仁東小学校(19号線)へ抜ける道の途中。
道路がカーブしているところ。

付近に目印が無いので、
近くの車道に車を停めて、それらしき場所を探す。
『式内社調査報告』には、
倭文山という山の上と記されているので、
山へ入る道を探しながらウロウロと歩き廻り
地元の方に聞きながら、山頂を目指す。
倭文山といっても、小さな山なので、
しばらく歩くと山頂に到着。

山道を登りつめた場所に、赤い屋根の祠が見え、
祠の前に灯籠が立っていた。

鳥居や社名を記したものが見当らなかったので、
扉に手をかけてみると、開いていた。
中に入ると、小さな祠(本殿)があり、
天照大神を祀っているようだ。

『式内社調査報告』には、
かつて神明社と呼ばれていたと書かれているので、
たぶん、これが目的の倭文神社だろう、
と、参拝を終え、境内右手を見ると
同じ規模の建物があった。倉庫か境内社か。
確認のため、その建物の前に行くと、
扁額に、「式内社 倭文神社」と書かれていた。
こちらの祠が倭文神社だったのだ。
残念ながら、この祠の扉は開いていないので確認できなかったが
『式内社調査報告』によると、神明造の本殿があるらしい。
この建物の中にあるのだろう。

詳細は不明。

大野の倭文山の山頂にあり、
かつては神明社と呼ばれていた。
現在は、神明社と思われる社と同じ境内にある
別の社殿に祀られている。
式内社・倭文神社の論社ということで、
独立させたのかもしれない。

大野の地名は、倭文山に由来するという説がある。
倭文(しどり)を(わふみ)と読み、
訛って(わうの)となったという。

近くには縄文遺跡もあり、
古代から人々が居住していた土地のようだ。

現在の神明社か、倭文神社の祠が
式内社・倭文神社の論社だと思われるが、
どちらの祠も『式内社調査報告』に載っている写真とは
まったくの別物。
『式内社調査報告』が間違っていることを願いながら
改めて参拝。


倭文山山頂

神明社?

倭文神社社殿

倭文神社社殿

扁額


最終更新日:2013/10/09
【 倭文神社 (伊豆市) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市