HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


大領神社
たいりょうじんじゃ
[岐阜旅行] 岐阜県不破郡垂井町宮代森下765  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

式内社 美濃國不破郡 大領神社
南宮大社摂社
旧郷社

御祭神
不破郡大領宮勝木實命
配祀
伊邪那美尊 速玉之男神 泉津事解之男神

岐阜県垂井町にある。
垂井駅の南1Kmほどの宮代に鎮座。

当社は、南宮大社の摂社にあたり、
南宮大社の東500mと近い場所にある。

参拝は冬の夕方で、陽が沈む間際。
境内周囲の木々が、長く影を落とす頃。
境内は広いが、何も装飾のない空間で、寂しげな雰囲気だった。
当社の前に、赤く華やかな南宮大社へ参拝したせいかもしれない。

創立年代は未詳。

祭神は、不破郡の大領であった、
宮勝木實(みやのすぐりのこのみ)。
壬申の乱の際に、天武天皇に味方して不破関を守り、
勝利に貢献した人物。
壬申の乱後、不破郡を賜り大領となった。

不破郡初代の大領である彼の事跡を慕って
祭神の死後(霊亀元年、715年)、当地に祀られた神社で、
当社は円墳の上にあるという説もある。

宮勝(みやのすぐり)の姓から、
南宮大社の祀職であったといい、また
「すぐり」が帰化人特有の姓であることも指摘されている。

拝殿に巴紋が掲げられ、本殿の屋根にも巴の飾りが付けられている。
たぶんこれが、神紋だと思う。

境内に当社の由緒を刻んだ石碑があるが、
一部、よく読めなかったので。
読める部分のみ掲載してみた。
が、誤読している箇所もあるかもしれない。


鳥居

鳥居扁額

境内

本殿

拝殿

大領神社御由緒
祭神不破大領 宮勝木實命
相殿脇神熊野三神歩射祭
例祭
一月十五日
十月二日

 今を去る千参百年前天武天皇の壬申の乱に古来 南宮大神に仕える宮勝木實命は天皇を己が館に迎え 奉り直ちに一族を率いて不破の要衝を塞ぎ勝利の緒を 開かれたと伝えられる 乱平定の後その功に依り不破郡を 拝領 長官たる大領に任ぜられ更に大宝二年持統太上天皇 御巡幸を迎え外従五位下の破格の恩賞に浴せられた
 郷土の祖先等はその偉績を仰ぎ縁深きこの地に大領神社を 創建してその厚き崇敬に依り御神威益々顕揚され美濃守の 年頭巡拝には南宮大社に次いで美濃國二宮と仰がれ亦 國幣に預かる官社に列され延喜式神名帳に載せられたる 所謂式内社として御社名は広く世に知られるに至った
 中世数百年に及ぶ動乱の時流にも郷土の氏神として よく これを護持し来った処慶長五年関ヶ原合戦の兵火にかかって 南宮社は炎上し時の祀職不破行治が寛永年間徳川幕府 の直営普請に依ってこれを再建する時当社の本殿も共に 造営 更に南宮社の假殿を移建して拝殿にあて神徳の 昂揚社領の尊厳に盡きるところ洵に名大であった

−境内石碑より抜粋−



最終更新日:2013/10/09
【 大領神社 (垂井町) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市