HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


久具都比賣神社
くぐつひめじんじゃ
[三重旅行] 三重県度会郡度会町上久具字久具都裏  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊勢國度會郡 久々都比賣神社
皇大神宮摂社

御祭神
久々都比女命 久々都比古命(大水上神の子) 御前神(あるいは山神)

度会町、宮川の岸辺の森にある。
県道38号線から対岸(南)へ渡る。
昔は渡し船で渡っていたらしいが、今は久具都比売橋がある。

垂仁天皇二十五年、倭姫命が、天照大神の鎮座地を求めて
飯野から伊蘇、狭田、坂手を経て、瀧原宮より宮川を遡り
久求の地に至り、久求社を定めたのが当社であるという。

式内社・久々都比賣神社に比定されている古社だが、中世に衰退し、
寛文三年、社地が選定され再興された神社。

元は三殿あり、久々都比女命と久々都比古命、
そして御前神を祀っていたが、再興時に一つになった。


宮川に掛かる久具都比売橋、後ろの森に神社がある

社殿

社殿

境内

『皇大神宮儀式帳』に「倭姫内親王定祝」と 記されてゐる。又、『倭姫命世記』(垂仁天皇廿五年春三月 條)に次のやうに見える。
(前略)従其処幸行久求都彦参相。汝国名何問 給。白。久求小野白。倭姫命詔。御宮処久求 小野号給。其処久求社定賜。(後略)
 つまり、倭姫命天照大御神を戴奉りて幸行し、この年 飯野より伊蘇、狭田(現玉城町)、坂手(同)を経て、現 在の瀧原宮より宮川を遡り行く時、久求の地に至り、久求 都彦の白す久求小野に久求社を定めたのが当社のことである。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 皇大神宮摂社 久具都比賣神社 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市