HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


磯神社
いそじんじゃ
[三重旅行] 三重県伊勢市磯町1069  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊勢國度會郡 礒神社
旧郷社

御祭神
正殿一座 天照大神御霊
相殿二座 豊受毘賣神  木花佐久夜毘賣神

合祀 宇都志國玉神 (清濱神社)
合祀 菊理姫神 (白山社)
合祀 大山津見神 (山神二柱)

伊勢市街から宮川大橋の渡った磯町。
周囲の道路が狭く、車を止めるのに苦労した。
狭い路地に面していて、鳥居も正面から撮影できない。

垂仁天皇二十五年三月、
倭姫命の御巡幸した、磯宮・伊蘓宮であると考えらている。
つまり、元伊勢宮の一つになるのだろうか。

倭姫命の御巡幸した地が、五十鈴(いすず)川上の磯(いそ)宮であり、
伊勢(いせ)国は、磯の訛とする説があり、
当社のことではないとする見解もある。

後年、宮川の洪水で社地が崩壊したので、現在地に遷座したという、

明治までは八王子社と称していたが、
明治になって磯神社と改称し、明治八年郷社に列した。

明治四十一年、境内社の清濱神社、白山社、山神二座を合祀し。
磯町の産土神として奉祀されている。

外から見た境内は、暗い印象なのだが、
境内に入ると明るい雰囲気。社殿が新しいせいだろう。


境内参道

参道

右折して参道

社殿

拝殿

本殿

磯神社考證
「社記に云う」
 三重県管下伊勢国度会郡磯村字権現前(旧権現林)千六拾九番地
一、祭神正殿一座天照大神御霊
相殿二座豊受毘賣神
木花佐久夜毘賣神
一、合祀祭神境内社清濱神社 宇都志國玉神
白山社 菊理姫神
山神二柱 大山津見神
一、由緒創立垂仁天皇二十五年三月(約二〇〇〇年前)
垂仁天皇の御世に天照大神倭姫命に 奉戴せしめて諸國を経歴せられし時玉掇フ 伊蘇國に行幸あり、今の伊蘇郷磯村の辺 を謂う。其の地に行宮を造って皇大神 を安鎮奉斎し、伊蘇宮、亦磯宮と稱す。 然して皇大神は宇治郷内宮に御鎮座あり し後もその行宮の遺跡を磯神社と唱へて 延喜式神名帳官社の列に入れらる。
本社即ち是なり。但し、旧地は後年宮川 洪水にため崩壊せるに依って今の社地 権現林に年月日不詳移遷し古跡を宝殿の 脇と号す。明治四十一年二月十八日境内社 清濱神社、無格社本殿社 無格社白山社  無格社山神二座合祀するの許可を受け 同年三月三日合祀執行す。
戦後宗教法人により昭和二十一年五月 十日三重県知事に届出宗教法人 「磯神社」となり今日に至っている。

−境内案内より−



最終更新日:2013/10/09
【 磯神社 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市