HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


荏名神社
えなじんじゃ
[岐阜旅行] 岐阜県高山市江名子町1290  Zenrin Data Com Maps display !!


神鈴

式内社 飛騨國大野郡 荏名神社
旧郷社

御祭神
高皇産靈神 荏名大神

大屋津姫命 『神名帳考證』
稲置森子安神 『飛州志』

岐阜県高山市江名子町にある。
高山駅から東へ2Kmほど、江名子川の側に鎮座している。
道路わきに鳥居があり、小さな橋を渡ると境内。
『式内社調査報告』では、御幣形の石の神橋と記されていたが、
参拝した時は、木の橋だった。

創祀年代は不詳。
式内・荏名神社の論社。

江名子の地名は、多くの荏を産するところから、荏野となり、
その奥の地として、荏野奥が変化したものらしい。
「荏」とは、「荏胡麻」の古名で、シソ科の一年草。
種子から油がとれるらしい。

中世には子安大明神と称されていたが、
式内・荏名(えな)が、胞衣(えな)と解釈され、
安産の神になったと考えられている。

文化12年(1815)、田中大秀が当社の再興し、
式内・荏名神社に比定した。

神紋は、「神鈴」。
珍しい神紋で、はじめて見た。

江戸時代、田中大秀の再建以後に用いられたものだろうが、
荏胡麻の種子をイメージしたものかもしれない。
由来は知らない。


境内入口

境内の鳥居

川の側に鎮座

拝殿

社殿

境内社

本殿覆屋

神庫に神紋

○岐阜縣飛騨國大野郡高山町大字江名子
郷社 荏名神社
祭神 高皇産霊神 荏名之大神
創建年代詳ならずと難も、延喜の制式の小社に列す、郎ち神名帳考證に、「荏名神社、大屋津姫命、美濃國恵奈 神社同神」と見え、飛騨國總社考に、「大野郡灘郷江名子村にまします、今稲置森といひ、中世子安大明神と申 よし、長谷川氏の飛州志に見ゆ、大秀按に、荏名を胞にとりて、安産を祈しなるぺし、こは大和國吉野の水分神 社をミコモリと訛て、つひに今は子守と申て、子をいのる神とまうすがごとし、古事記伊邪河宮開化天皇段に、日 子坐王聚山代荏名津比賣云々と見え、斐太後風士記に、荏名は高山より行に、守屋と稲荷との社前を過て、江 名子に入る村の口なり、今も此里人荏を多く作るに能榮え、又自然も生出づ、在名は名は借字荏野なりと云、其を 諸人の知らで社も衰廃たるを、飛州志に、稲置森子安神祠ありと記され、又里俗の荏野を胞衣なりと思ひ違ひ て安産を祈りしを、田中大秀吾師荏野翁いたく慷慨て、文化十四丁丑年此荏野神社を再建て、社傍に家を建て、高山 より引移り荏野翁と自號て、朝夕に神に斎仕てまつられしが、後其住れし家を高山へ引拂ひぬ」と見え、神祇 志料にも「今灘郷江名子村稲置森にあり、荒神宮と云ふ、清和天皇貞観九年十月庚子、従五位下荏名神に従五 位上を授く」と載せたり、其他神社覈録、特撰神名牒等盡く其説一致せり、今之を省く、是に由りて本社の概略 と窺知すべし、明治四年九月郷社に列せらる。
社殿は一宇にして神門あり、境内坪数四百六十坪(官有地第一種)を有す。

−『明治神社誌料』−



最終更新日:2014/06/05
【 荏名神社 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市