HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


瀧山神社
たきやまじんじゃ
[伊豆箱根旅行] 静岡県賀茂郡河津町川津筏場1427  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊豆國賀茂郡 多祁伊志豆伎命神社 (参考)

御祭神
伊佐那岐尊

静岡県の河津町にある。
伊豆急行河津駅の北西3.5Kmほどの川津筏場に鎮座。
河津川を遡って北西に進み、峰大橋付近で北東の山中へ300mほど。
地図で確認するとそんな感じの場所だが、
周囲の道をウネウネと運転し、小道を歩きまわっていたので、
実は当社への道をよく覚えていない。

社前には川が流れており、境内右奥に続いているが
その先は人口の滝のように工事されていた。
昔は滝だったのかもしれないし、
当社の御神体だったかもしれないが、未確認。

参拝は四年前(2007)の正月二日の冬だが、
夏だったら、さぞ鬱蒼としていただろうと思える境内。
境内入口、数段の階段の上に石の鳥居。
さらに階段を上ると社殿があり、扁額に「滝山神社」と書かれていた。
扁額の下には、正月飾りと蜜柑。

社殿の中に本殿と思われる祠があり、
左右に境内社らしき小祠。左の小祠は稲荷のようだ。

今も大切に祀られているようで、
境内の石垣も綺麗に維持されており、参道も遊歩道のような雰囲気だった。

当社に関する由緒は未入手。
『静岡県神社誌』にも記載が無い。
河津町の郷土史関連の資料をあたれば何か判るかもしれないが。

竹村茂雄の『伊豆國式社考』に、
式内社・多祁伊志豆伎命神社として「筏場瀧権現」と記されている。
それが、現在のどの神社なのか、すでに廃絶したのかわからず
とりあえず川津筏場にやって来た。

筏場にはいくつかの神社があるが、当社・瀧山神社の社号から
「瀧権現」ではないかと思って確認に来たのだが、
結局、何もわからず、参拝しただけ。

社殿前に灯籠が一基あり、
その竿の部分に「宝永七年」と刻まれている。
宝永七年は西暦1710年。
300年前の江戸初期には存在していたようだ。

社殿の左手に石祠がいくつかあり、石像や石も祀られている。
苔の屋根が良い雰囲気だ。


社頭

鳥居

境内

社殿、右手奥に人口滝?

扁額に滝山神社

内部の本殿

石祠と石像


社殿前の灯籠


宝永七年と刻印

境内右手奥の川
以前は滝だった?

「滝山」の社号から、当社が「筏場瀧権現」だろうと思ったが、
河津町には、河津七滝という名所が存在する。
当社から1Kmほど北西にあり、筏場ではなく梨本という地。
気になったので、当社への参拝前にウロウロとうろついてみた。
当日は滝巡りに興味が無くて、せっかくの河津七滝の写真はないのだが、
淵や滝のそばに遊歩道があり、真冬だったが気持ち良かった。

その滝や淵のそばの道に、
意味ありげに祠があったのだが、社号などは未確認。
滝の近くなので、瀧権現であっても不思議はないが、よくわからない。


近くの淵

境内

河津七滝近くの道路脇の祠


最終更新日:2013/10/09
【 瀧山神社 滝山神社 (河津町) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市