HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


伊志夫神社
いしふじんじゃ
[伊豆箱根旅行] 静岡県賀茂郡松崎町石部字坂下98  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊豆國那賀郡 伊志夫神社
旧村社

御祭神
大山祇之神

静岡県の松崎町にある。
松崎町役場から南西に5Kmほどの石部に鎮座。
駿河湾を右に見ながら136号線を南西へ進み
石部海水浴場から山道川に沿って200mほど。
山道川の西側、山の斜面に境内がある。

境内入口は北側。
参道には幾つかの石仏や石祠が並んでいる。
階段を上ると、境内社・津島神社があり、朱の鳥居が立っている。
津島神社の右手(北側)に階段があり、階段上には境内社・三峰神社。

朱の鳥居をくぐり、さらに階段を登ると、上に社殿があり、
階段の傍らに、境内社・濱川神社と境内社・秋葉神社がある。

階段上には拝殿があり、南側は大きな石で囲まれている。
この山は岩山のようで、アチコチに岩肌が露出している。

拝殿の後方に、本殿の覆屋があり、中には流造の本殿がある。
覆屋の扉が開いており、中に入れるようになっていたが
いつも開いているかどうかはわからない。
参拝日が、元旦だったからかもしれない。

創祀年代は不詳。
『伊豆国神階帳』に「従四位上 いしひの明神」とある古社。

旧鎮座地は、山道川対岸の禅宗院付近にあったと伝えられ
禅衆院境内入口に、牡牝二石があるらしい。
参拝時に知らなかったので、残念ながら見ていないのだ。

牝石は高さ4mほどもあり、石の頂上部に窪みがあって
往古は火を燃やして祀ったことにより、
石火明神と称されていており、村名も石火と呼ばれていたという。

ところが、天文年中、度々の火災が起こったため、
「火」の文字を、「部」と変えて、石部と称するようになったとか。

式内社・伊志夫神社に比定されている神社。

神紋はわからなかった。
石や火を連想するような紋を期待していたのだが、
本殿に巴紋、手水鉢に菊水紋が刻まれており、水の紋だけだった。


参道の石仏や石祠

参道階段

参道鳥居

さらに階段

参道鳥居と津島神社

津島神社脇に階段

上に三峰神社

参道脇の濱川神社

秋葉神社

参道階段

階段上に社殿

本殿覆屋

本殿


最終更新日:2013/10/09
【 伊志夫神社 (松崎町) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市