HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


朝熊神社
あさくまじんじゃ
[三重旅行] 三重県伊勢市朝熊町字桜木2566−1  Zenrin Data Com Maps display !!
神かぜに こころやすくぞ 任せつる さくらの宮の 花のさかりは

式内社 伊勢國度會郡 朝熊神社
皇大神宮摂社

御祭神
大歳神 苔虫神 朝熊水神
櫻大刀自(櫛玉命の子、大歳の子) 苔虫 朝熊水神(大山罪命の子) 『儀式帳』

境内社
皇大神宮摂社 朝熊御前神社 あさくまみまえ 朝熊御前神

朝熊町の五十鈴川そばの丘の上にある。
桜が美しいらしい。

社前の中州には皇大神宮末社・鏡宮神社が鎮座。

階段を上がると同じような社殿が並んでいた。
境内には、朝熊御前神社があるということだが、
どちらかわからなかったので、内宮の神楽殿で聞いた。
境内奥、向かって右側が朝熊神社。

当社の創祀は、内宮が五十鈴川川上に鎮座した垂仁天皇二十六年の翌年。

「小朝熊神社」とも呼ばれた神社。
「朝熊」の社号については、諸説あり、
・弘法大師が求聞持法を山中でおさめた時、朝に熊が出現し夕に虚空蔵が出現したことによる。
木花開耶姫の別名、葦津姫の名から。
・五十鈴川の下流の浅瀬である浅隈から。

当社は式内社・朝熊神社に比定されている古社で、
内宮第一の摂社。

元来、当地に鎮座していたかどうかは不明だが、
寛文三年(1663)、摂社再興にあたり、現在地に定められたという。

当社の桜は有名だったらしく、西行の歌に
神かぜに こころやすくぞ 任せつる さくらの宮の 花のさかりは

丘の麓にある鏡宮神社は、寛文三年に御前社として再興されたが、
後に、鏡宮神社とは別に、朝熊社の西側に御前社が建てられた。


社域の丘

参道

境内

朝熊御前神社社殿

朝熊神社社殿

内宮第一の摂社である。この地の守護神で、五穀と水の神。

− 『伊勢の神宮百二十五社めぐり巡拝地図』−

本社の創祀は、『儀式帳』に「倭姫内親王御世 定祝」とあり、『世記』によればそれは、皇大御神が宇治の 五十鈴川上に鎮座せられた翌年、垂仁天皇二十七年に「小 朝熊嶺社造祝宛令坐、大歳神称是也。」と伝へる。そして この伝承は、志摩国の伊雑方上において奇瑞をあらはした 真名鶴の説話として、伊雑の地と密接な関連をもつて語ら れる。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/11/01
【 皇大神宮摂社 朝熊神社 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市