HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


大宮神社
おおみやじんじゃ
[伊豆箱根旅行] 静岡県伊豆市上白岩422  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊豆國田方郡 大朝神社
旧村社

御祭神
大己貴命

静岡県伊豆市にある。
伊豆箱根鉄道・修善寺駅の東4Kmほどの上白岩に鎮座。
12号線を東へ進み、上白岩で北へ入ると、
畑の奥に、こんもりとした社域の森が見える。

歴史民俗資料館の駐車場のそば、コンクリートの参道が延びており
森の入口に鳥居が建っている。

鳥居をくぐり、階段を登ると境内。
参拝日は晴天で、真っ青の空の下だが
境内の中は、木々に日が遮られ、
肉眼では明るいのだが、
カメラではコントラストの強い暗い写真になってしまう。

境内中央に、当社の社殿。
入母屋造の拝殿の後方に、流造の本殿。
本殿の側面が、渋い朱で塗られている。

創祀年代は不詳。

通称は大朝神社で、式内社・大朝神社の論社の一つ。

当社には古い棟札が多く残されており、
最古のものは、弘安三年(1280)のものらしく、
その後も頻繁に修築が行われている。
境内面積は二千四百坪ほどもあり、
当地区(大見郷)の大社であったことが窺える。

12号線の南側に、上白岩遺跡があるらしく、
当社の近くからも、縄文時代の環状列石が発掘されている。

境内に「地主さん」と呼ばれる石組みがあり、
その前を掘ることを禁忌とされている。


社域

鳥居

参道

境内

拝殿

本殿

拝殿左の境内社

拝殿右の境内社

「地主さん」と呼ばれる石組み

大宮神社
鎮座地中伊豆町上白岩四二二番地
御祭神大己貴命大國主命
大山咋命
例祭日一〇月十八日
由 緒
当神社の創建は詳かではないが、
古来式内社白岩大朝神社と呼稱さ
れ、古い棟札が多数保存されてい
るが最古の棟札は弘安三年(一二
八〇)があり、神録によれば神社
は日吉山王二一社の祖神であり、
境内社に来宮神社、八幡神社、山
神社、熊野神社、姥神社、諏訪神
社、水神社、金刀羅神社、稲荷神
社、が祭祀され神社近くに縄文時
代の遺跡が発掘されており歴史を
しのぶ由緒ある神社である。

−境内案内−



市指定文化財 大宮神社の社叢(森)
 大宮神社は、下大見村社として、古くから 周辺の住民から崇敬されておりました。
 祭神は大己貴命大国主命)といわれ、古 い棟札に弘安年間(一二七八年)のものがあ り、かなり古いものと思われます。
 位置的にも、富士を見、上白岩遺跡が正面 にあり、地名として元村の名があるとことか らも、当地方での最古の歴史をもつ神社であ ることが想像されます。
 境内の面積は、七七一二・四平方メートル の広大な敷地に及ぶ大木がうっそうとおい茂 り、荘厳な野鳥の楽園となっています。

−境内案内−



最終更新日:2013/10/09
【 大宮神社 (伊豆市) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市