HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


宇留布都神社古社地
うるふつじんじゃこしゃち
[三重旅行] 三重県多気郡明和町内座東浦  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊勢國多氣郡 宇留布都神社
旧村社

御祭神
大日孁命

三重県明和町にある。
近鉄線斎宮駅の北6Kmほどの内座に鎮座していた。
23号線の養川交差点から北へ600mほど、小学校の北、幼稚園の横にある。

現在は宇呂豆の大日堂と呼ばれる小さなお堂が立っている。

『式内社調査報告』によると、
当地には昔、式内社・宇留布都神社が鎮座していたという。

城主北堂左京大輔崇敬の神社で、元享年中(1321〜1324)
当地の東200mほどの自然堤防の上に遷座された。

また、弘仁年間(810〜824)、空海がこの地に立寄り
当社祭神の大日孁命の本地仏として大日如来を刻み、
一寺を建てて奉安したという。

保元年間(1158〜1159)に兵火にかかり焼失。
江戸時代、里の西方大日山(現在地か)に一宇を建て、
江戸末期頃に金剛界大日小像を祀ったという。

宇留布都神社は後に八王子社となり、慶応四年、宇気比神社と改称。
明治五年、村社に列し、明治四十一年、北藤原鎮座の畠田神社に合祀され、
合祀時点の古社地は田圃整備で消滅した。

つまり、宇留布都神社の本来の地に、その神宮寺と思われる大日堂があり、
宇留布都神社は東方に移動した後に八王子社、さらに宇気比神社となったが、
畠田神社に合祀されて消滅したということだろうか。


宇留布都神社古社地とされる宇呂豆の大日堂

大日堂

大日堂


最終更新日:2015/04/20
【 宇留布都神社古社地 宇呂豆の大日堂 宇気比神社古社地 (明和町) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市