HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


浅間神社
せんげんじんじゃ
[伊豆箱根旅行] 静岡県伊豆市小下田1556  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊豆國那賀郡 石倉命神社
旧無格社

御祭神
岩倉姫命

静岡県伊豆市にある。
伊豆半島の西側、土肥町の南。
136号線から東へ入った場所にある
浅間山(355m)の山頂に鎮座。

136号線を南下し、小下田に入ったあたりから東へ入ると
車道の行き止まりに溜池があるのだが、
その脇から、浅間山参道の山道が続く。
ダラダラと上る山道を登ると浅間山の山頂。
岩に囲まれた社殿の背後に到着する。

社殿はコンクリート造り。
台風によって社殿が破損したので
現在のようになったという。

社殿の正面へ回ると、鳥居が立っており
扁額には「浅間宮」と刻まれていた。

創祀年代は不詳。

『伊豆国神階帳』に「従四位上 いわらい姫の明神」とある古社で、
式内社・石倉命神社に比定されている神社。
境内の様子は、岩に囲まれており、まさに石倉。
昔は、神璽として丸く美しい玉があったらしいが
度重なる火災により失ってしまったという。

参拝は、年末大晦日の午後。
年越しの日に、こういう場所に居られることに感謝。
ただし、夜は一人では怖いかも。


溜池

側に浅間山参道入口

山道を登る

岩に囲まれた社殿背後に到着
後の自然石が奥の院の大山祇神石体

鳥居

社殿

岩に囲まれた境内

浅間神社由緒
祭神 岩倉姫命
 延喜式に載っている所謂式内社で、千年以上の 歴史をもつ小下田最古の神社である 神社は再度 の火災に遭った。元禄十年春、野火で焼失 更に 百六十年後の安政四年、中村大火の際飛火で境内 悉皆焼失、翌五年新築、昭和に至って台風により 社殿が破損したため、現在のコンクリート造りの 小祠に改築した。 増訂豆州志稿によれば「祠宇 山上ノ石窟ニアリ、即石倉ノ神名ニ適エリ」、と あって 更に元亀四年に地頭富永政家が護身佛の 釈迦像を安置したこと、奥の院に大山祇神自然の 石体が立っていることなどが述べられている。  古老の言によれば、釈迦像は純金製であったが、 盗難に遭い失われたという。社伝には寛保三年以 前は小下田村十四社中の上位にして総鎮なりと記さ れている。寛政九年建立の鳥居も台風で倒潰した。 明治二十五年、函南村服部忠雄氏は式内社で あることに注目して標石文碑を建立した。大正の 初期までは、旧六月十四日の例祭日は商店も多く 出て賑ったが、現今はさびれている。
 氏子一同は、郷土の歴史を物語るこの社を顕彰 し、後世に伝えるために茲に由緒を刻した次第で ある。

−境内石碑−



最終更新日:2013/10/09
【 浅間神社 石倉命神社 (伊豆市) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市