HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


須麻漏賣神社 麻刀方神社跡
すめるまじんじゃ まとかたじんじゃあと
[三重旅行] 三重県松阪市垣内田町  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊勢國多氣郡 須麻漏賣神社
式内社 伊勢國多氣郡 服部麻刀方神社二座
旧無格社

御祭神
須麻漏賣神社(粒形社) 須麻漏賣神
麻刀方神社(松方社) 木俣神

三重県松阪市にある。
松阪駅の東7Kmほど、櫛田川右岸の垣内田町。
23号線の東黒部町交差点から少し南へ入り、東の集落の中の道端。
畑の東南隅に、道に面して東向きに石碑が立っている。

石碑には「式内 須麻漏賣神社
麻刀方神社
舊地」と刻まれている。

『式内社調査報告』によると、
当地には、粒形(つぼがた)社と松方社と称する二つの小祠が鎮座していたらしいが、
創祀年代や由緒は未確認。
両祠は東面して鎮座しており、北が粒形社、南が松方社であったらしいが、
明治四十一年四月七日、柿木原の二十五柱神社に合祀されてしまい、
昭和五年三月、旧地に石碑が建てられたもの。

この、北にあった粒形社が、式内社・須麻漏賣神の論社となっている。

粒形社の祭神は須麻漏賣神。
皇大神宮摂社であり式内社でもある以下の三社、
棒原神社には、天須婆留女命御魂が祀られ、
狹田國生神社には、須麻留女神の子、速河比古命と速河比女命が祀られ、
江神社には、天須婆留女命の子、長口女命が祀られており、
伊勢の地の地主神的存在だったようだ。

須麻漏賣(すまるめ)と猿女(さるめ)との類似から、
伊勢にゆかりの深い猿田彦神と夫婦である天鈿女神とする説もあるらしい。
『式内社調査報告』によると、神宮造宮使による二十年毎の式年遷宮に預る多氣郡三社、
須麻漏賣神社を一之大宮、佐那神社を中の宮、櫛田社を大社と称していたとある。

また、南にあった松方社は、式内社・服部麻刀方神社二座の論社となっている。
あるいは、北の粒形社を含めて、服部麻刀方神社二座という説もある。

当地・垣内田は服部八郷の一つであったようで、
松方(まつかた)の社名は、麻刀方(まつかた)が転じたものとということらしい。

松方社の祭神は木俣神。


畑の東南隅に立つ石碑


最終更新日:2015/01/18
【 須麻漏賣神社 麻刀方神社跡 (松阪市垣内田) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市