HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


八幡神社
はちまんじんじゃ
[岐阜旅行] 岐阜県中津川市阿木字大門前1415  Zenrin Data Com Maps display !!


笹龍胆

旧郷社

御祭神
誉田別命

岐阜県中津川市にある。
明知鉄道阿木駅近くの阿木に鎮座。
駅の東側の狭い車道に「郷社八幡神社」と刻まれた社号標が立っており、
そこから東へ細い参道を上って行くと社域の杜がある。

参拝は十一月末の晩秋、曇天の日の早朝。参道の外灯がまだ灯っている頃。
写真を撮るには暗すぎるので、社前右手にある阿弥陀堂の前に車を停めて、
明るくなるのを待っている間に雨が降り出した、そんな朝。

参道階段を上ると広い砂地の境内。
境内左手に手水舎があり、正面の石垣の上に社殿。
拝殿は銅板葺入母屋造。後方の本殿は覆屋根の下にある。
拝殿には紅白の幕や笹龍胆が描かれた幕がかけられていた。
『平成祭データ』によると、十一月二十三日に新嘗祭、
大麻頒布式が行われるようで、その名残なのかもしれない。

当社境内右手側から山道を上って行くと、阿木城跡へ行けるらしい。

岐阜県神社庁サイトには、当社の由緒について、
「文明三年創祀。その他由緒記載なし。」とのみ。(文明三年は西暦1471年)

『明治神社誌料』によると、当社は
美濃國神名帳に「従四位上阿氣明神」、延暦寺本には「従四位上河氣明神」とあり、
恵那郡七社の一であるらしい古社。

阿木城は、遠山氏が岩村城防衛のために建てた遠山十八子城の一つ。
当社が阿氣明神であるなら、阿木城築城に際して、
阿氣明神の地に八幡神が勧請され、「文明三年」はその勧請年なのかもしれないな。

明治五年に社殿を改築し、翌六年郷社に列したとある。

当社の神紋に関しては、八幡神社なので三つ巴紋を使用しているのかもしれないが、
拝殿の幕にあった笹龍胆を載せておく。

『平成祭データ』によると当社の境内社は、
白山神社(菊理姫命)、若宮神社(仁徳天皇)、諏訪神社(建御名方神)、
山祇神社(大山祇神)、稲荷神社(宇迦之御魂大神)。
『明治神社誌料』には、上記の他に神明神社の名が載っている。


社頭

鳥居

階段上

境内

社殿

拝殿

社殿と境内社

本殿左の境内社

本殿右の境内社

境内右手から阿木城跡への道

阿弥陀堂


最終更新日:2014/09/12
【 八幡神社 (中津川市阿木) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市