HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


須麻漏賣神社跡
すまるめじんじゃあと
[三重旅行] 三重県多気郡多気町平谷  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊勢國多氣郡 須麻漏賣神社

御祭神
天鈿女命 あるいは 須麻漏賣神

三重県多気町にある。
紀勢本線佐奈駅の北東500mほどの平谷に鎮座。

佐奈駅から東へ線路の北側の道を300mほど進み、
民家の間の狭い道を北へ50mほど登った場所。
『式内社調査報告』には花隆山の中腹と記されている。

その中腹の蜜柑畑の中、四角に石組された場所に小祠があり、
小祠の後ろに「式内須麻漏賣神社」と刻まれた石標が立っている。

『式内社調査報告』にはおおまかな位置が地図に印されていたので、
車道から入ることが出来るいくつかの道を歩いて探してみたが、
当地を探しているうちに迷い込んだ谷には美しい梅園があり、
間違って登った丘の上には雰囲気のある小さな祠などがあり、
道に迷いながらの探索は僕の記憶に刻まれた良い思い出。

式内社・須麻漏賣神社の論社であった八王子社が鎮座していたが、
明治四十一年一月八日、佐那神社に合祀されてしまった。

当社祭神は、天鈿女命。
「須麻漏賣」(すまるめ)と猿女(さるめ)の音が近いと云う理由らしいが、
『皇太神宮儀式帳』に、皇大神宮摂社・棒原神社の祭神は天須婆留女命御魂とあり、
皇大神宮摂社・狹田國生神社の祭神は須麻留女神の御子・速河比古命と速河比女命、
皇大神宮摂社・江神社の祭神は天須婆留女命の御子・長口女命とあって、
社名の示す通り、伊勢の神宮に縁のある須麻漏賣神が祭神なのだろう。

『式内社調査報告』によると、神宮造宮使による二十年毎の式年遷宮に預る多氣郡三社、
須麻漏賣神社を一之大宮、佐那神社を中の宮、櫛田社を大社と称していたとある。


参道入口

参道

参道

小祠と石標

小祠

後ろに「式内須麻漏賣神社」石標


最終更新日:2015/01/18
【 須麻漏賣神社跡 (多気町) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市