HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [中国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


宗形神社
むなかたじんじゃ
[岡山旅行] 岡山県岡山市北区大窪193  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 備前國津高郡 宗形神社
旧郷社

御祭神
多紀理比賣命 市杵嶋比賣命 多岐津比賣命
相殿 素盞嗚命

岡山県岡山市にある。
備前一宮である吉備津彦神社の北3Kmほどの丘の上。
宗形山と呼ばれる小さな全体が神域となる。
百数十段の石段を登ると、平坦な境内があり、社殿が鎮座。

古くから、筑紫(福岡)の宗像からの勧請とされ、
航海の守護神である。
当地の西には砂川、東には中川が流れ、
吉備中山の東あたりで合流し、児島湾へと流れていく場所。
古代には、かなり上流まで入り江になっていたようだ。

社殿の後ろには、円墳があり、男女の人骨が発掘された。
周囲には、吉備の茶臼山など、古墳が散在する。

社殿は、昭和の改築だが、
その際に、玉類や剣などが出土している。
ある意味、宗形山全体が古墳ではないかと思うのだが、
どうだろうか。

境内社の小祠が二つ、
それぞれ石の上に祀られていたが、詳細は不明。


神域の丘

鳥居

境内

拝殿

本殿

境内の小祠

境内の小祠

背後の古墳

式内社 宗形神社
 延喜式(神名帳)に記載されて いるもと郷社。祭神は田心姫命湍津姫命神杵島姫命。社伝 によると福岡県の大社宗像神社 を勧請したものといい、古くか ら航海の守護神として船乗りの 信仰を集めていた。社殿は昭和 十二年(一九三七年)の改築。境内 末社に疫清神社、祖霊社がある。

宗形神社 古墳
 一九九七年七月に新たに発見された古墳で、こ の時に応急の発掘調査を実施しました。
 古墳の高まりは、現況で直径約一五メートル、 高さ二メートルの円墳です。頂部の中央にある埋 葬施設は、丁寧に加工した板状の花崗岩を組立て た箱式石棺と呼ばれる構造で、内面には赤い顔料 が塗られています。長さ一九〇センチ、幅五〇セ ンチ、高さ四〇センチの棺内には、頭の方向を東 西に違えて男女二体の人骨が残っており、鉄製の 斧・鍬・ナイフ(刀子)、碧玉やガラスの玉、青 銅製の鏡が副葬されていました。鏡は本来の大き さが二十数センチもある立派なものですが、古い 時代に割れ、破片の状態で布に包んで置かれていました。
 この古墳は西暦四世紀後半(今から一六〇〇年余り昔)に築かれたもの で、眼下に見渡せる大窪地区一帯に根を下ろした 中小の首長の墓とみてよいでしょう。

−境内案内より−



最終更新日:2013/10/09
【 宗形神社 (岡山市) 】

ボーダー




中国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

安来市
隠岐郡 隠岐の島町
隠岐郡 海士町
隠岐郡 西ノ島町
隠岐郡 知夫村
雲南市
益田市
江津市
出雲市
松江市
仁多郡 奥出雲町
大田市
浜田市
邑智郡 美郷町
邑智郡 邑南町

井原市
岡山市
加賀郡 吉備中央町
笠岡市
玉野市
高梁市
小田郡 矢掛町
真庭市
瀬戸内市
赤磐市
倉敷市
総社市
津山市
備前市
美作市