HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [中国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


久武神社
くむじんじゃ
[島根旅行] 島根県出雲市斐川町出西字随心1834  Zenrin Data Com Maps display !!

出西八幡宮

三つ巴

久武神社

二重亀甲に一の字

式内社 出雲國出雲郡 久武神社
旧村社

御祭神
素盞嗚尊 誉田別命

島根県出雲市(旧斐川町)にある。
「久武神社」「出西八幡宮」の2社がひとつの境内にある
こういう形態はなんと言うのだろう。
なかなか面白い。
社名の石碑も新しく、境内も綺麗にしており、
氏神として崇敬されているようだ。

久武神社の創祀年代は不詳。
古社地は南西の山上。今でも古木が残っているそうだ。

式内社・久武神社に比定される古社で、
出雲国風土記に「久牟社」とある神社。

社伝によると、八岐大蛇を退治した素盞鳴尊
この郷に帰られて稲田姫命にお会いになると、
命の功績を祝うかのように多くの雲が立ち上がり、
歓喜された素盞鳴尊は 「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに」と詠われた。
よって、当地に「雲社」として創建されたという。

延喜式諸本には「父武」「文武」と書かれているものもあり、
「フムノ」と訓がある。
もし、「フムノ」が正しい訓ならば、社伝にある「雲」からの変化
雲社(久武社)というのは怪しくなる。

同一境内にある八幡宮の創祀年代は不詳。
社伝によると室町時代末期の勧請と伝えられている。
天文九年の棟札があり、それ以前の勧請と思われる。
旧社格は無格社。

社殿の配置から見ると、久武神社が本筋だ。
境内(八幡宮横)に若宮社があるが、祭神は足仲彦らしい。
足仲彦は仲哀天皇だから、八幡(応神天皇)の父なのに。
おかしい。
通常、八幡宮にある若宮は仁徳天皇だ。

その他の境内社は、
三保社(事代主命三穂津姫神)、稲荷社(倉稲魂命)、
社日祠(天照皇大御神大己貴神)、塞神祠(猿田彦神)、
木俣祠(木俣神)、塚神祠(荒魂・諸霊)


鳥居と拝殿

稲荷社、若宮社

久武、八幡兼用の拝殿

八幡宮本殿

三保社

社日

拝殿裏階段上に久武神社本殿

久武神社本殿

久武神社本殿

塞神祠、木俣祠

塚神祠

神社略記
久武神社(氏神社)祭神素盞鳴命 本殿大社造り
由緒 出雲国風土記に久牟社とあり、延喜式内社であった。 現鎮座地は四度目の地といわれ、江戸時代中期に遷座 されたお社である。
 素盞鳴命が八俣大蛇退治の砌、稲田姫命をこの郷の 稲城にかくまって退治におもむかわれた。そして退治 後この郷に帰られて稲田姫命にお会いになると、 命の功績を祝うかのように多くの 雲が立ち上がり、二神をとりまいた。歓喜された命は 「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに」と咏われたという。
 このような由緒によって、この地は古代から出雲国 出雲郡出雲郷といい、出雲の原郷にふさわしい御社名 久牟社・久武社(雲社)が鎮座されている。

八幡宮 祭神誉田別命 本殿流れ造り
由緒 第一五代應神天皇の御神名である。
 命は国際的な視野を持ち積極的にその威を国の内外に 示すとともに、外国の文物をとりいれて、我が国の文学 産業などの礎を築かれた神として崇敬されている。
 このお社は、室町時代末期に氏神として勧請された もので、以降氏神社として崇敬されてきた。しかし明治 三年政府の方針に従い、式内社であった久武神社を氏神社 としたので、現在は産土神として鎮座されている。

−境内案内より−



最終更新日:2013/10/09
【 久武神社 】

ボーダー




中国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

安来市
隠岐郡 隠岐の島町
隠岐郡 海士町
隠岐郡 西ノ島町
隠岐郡 知夫村
雲南市
益田市
江津市
出雲市
松江市
仁多郡 奥出雲町
大田市
浜田市
邑智郡 美郷町
邑智郡 邑南町

井原市
岡山市
加賀郡 吉備中央町
笠岡市
玉野市
高梁市
小田郡 矢掛町
真庭市
瀬戸内市
赤磐市
倉敷市
総社市
津山市
備前市
美作市