HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [中国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


賀茂那備神社
かもなびじんじゃ
[島根旅行] 島根県隠岐郡隠岐の島町加茂342  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に二重葵

式内社 隠岐國周吉郡 賀茂那備神社
旧村社

御祭神
別雷神
配祀
素盞鳴尊 玉安姫命

隠岐島島後、加茂にある。
西郷港から南西に6Km。
深い入り江の最深部に位置する。

今は、定期航路便は西郷に入航するが、
昔は島後の表玄関として栄えた場所らしい。

式内社・賀茂那備神社に比定された古社で、
京都上賀茂の分霊を祀った神社。

孝謙天皇の御代、天平年中、玉安姫命が当港より隠岐に入り、
当地に祀ったとされている。

往古は、賀茂を本郷とし、西田、岸浜、箕浦、蛸木を枝郷として
それぞれの氏神である、切明社、厳島社、花生社、姫宮社を摂社としていたが
いまは、それぞれが独立しているようだ。

配祀の素盞鳴尊は、宇津宮という地にあった祠を合祀したもの。

明治四年に村社に列した。

町中にあるためか、境内には雑草がない。
社殿も良く手入れされている。
奥行き2Kmに及ぶ入江(賀茂裏)の最深部に位置しており、
海の神のような印象だが。


社頭と背後の山

鳥居

神門

拝殿

社殿

鳥居の神紋

本殿

社殿扁額

『賀茂大明神傳記』に、「家傳云、隠州賀 茂大明神之鎮座者、人皇四十六年代孝謙天皇之御宇天平年 中、玉安姫入到於隠岐國。時十二月三十日、繋於船今之賀 茂浦也。守彼神明來而造営於今之社地也。有鎮座而姫亦給 仕之久矣。終卒於賀茂之客館。無子孫而後里人信敬而祭 之。暦數代而後野津對馬守入渡而此浦領賀茂之邑、而即爲 神職矣。聊因有納貢之違失、而改家徒之筭。其徒其御遺 恨、故不俟其爭而渡丹後國、又不再歸矣。其子過三四年來 而續社職之家。於是家名全矣。今亦野津氏爲神職矣」云々とある。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 賀茂那備神社 】

ボーダー




中国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

安来市
隠岐郡 隠岐の島町
隠岐郡 海士町
隠岐郡 西ノ島町
隠岐郡 知夫村
雲南市
益田市
江津市
出雲市
松江市
仁多郡 奥出雲町
大田市
浜田市
邑智郡 美郷町
邑智郡 邑南町

井原市
岡山市
加賀郡 吉備中央町
笠岡市
玉野市
高梁市
小田郡 矢掛町
真庭市
瀬戸内市
赤磐市
倉敷市
総社市
津山市
備前市
美作市