HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [中国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


比那神社
ひなじんじゃ
[島根旅行] 島根県出雲市姫原町394  Zenrin Data Com Maps display !!


二重亀甲に剣柏


『式内社調査報告』には
二重亀甲に剣片喰とあるが
拝殿内提灯では柏

式内社 出雲國神門郡 比那神社
旧村社

御祭神
比那鳥命

比奈良志毘賣神 あるいは 武比奈鳥命 『式社考』
このはなさくやひめの命 『出雲神社巡拝記』

JR出雲市駅の北1Kmほどの町中にある。
駅から、真直ぐに北上し、出雲市役所の横を通り、
2・300mで右折。
アパートの隣に社号標があり、奥に続く参道があり、
境内に姫原集会所がある。

創立年代は不詳。

式内社・比那神社に比定されている古社だが、
江戸時代までは、藪の中に石を祀っただけの寂しい状態だった。
岸崎佐久次が貞享2年(1685)に祠を造営し再建した。

源頼朝の八幡信仰により、出雲に八所の八幡宮が勧請された。
隣町の白枝に、建久七年に八幡宮が勧請され、
周辺の住民は、すべて八幡宮の氏子となったため、
出雲風土記記載の、比奈社、大山社、阿利社等の祭祀が断絶した。

祭神は比那鳥命とされているが、女神という説もある。
比奈良志毘賣神は、闇淤加美神の姫で、大国主命の曾々孫と結ばれた神。

神紋は、『式内社調査報告』では、片喰(かたばみ)とあったが、
拝殿内の提灯や、本殿の瓦には柏のような紋様がついていた。

周囲の開発によって、狭くて細長い境内だった。


参道と鳥居

s社殿内部

社殿

境内に祀られている石

本殿

比那神社
当社は出雲風土記(七三三年)及び延喜式に 所載の古社にして御祭神は比那鳥命 別名を 武夷鳥命 武日照命とも申し日本書紀に明ら かなり 即ち天照大神の御子天之穂日命を 父神として天孫降臨に先立ち この出雲国に降 りて大国主命に対し国土奉献の使者の任務を 平和裡に遂行された軍使の神で後、此処比那原 の地に宮造りし鎮座し給う

−境内案内板より−



最終更新日:2013/10/09
【 比那神社 】

ボーダー




中国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

安来市
隠岐郡 隠岐の島町
隠岐郡 海士町
隠岐郡 西ノ島町
隠岐郡 知夫村
雲南市
益田市
江津市
出雲市
松江市
仁多郡 奥出雲町
大田市
浜田市
邑智郡 美郷町
邑智郡 邑南町

井原市
岡山市
加賀郡 吉備中央町
笠岡市
玉野市
高梁市
小田郡 矢掛町
真庭市
瀬戸内市
赤磐市
倉敷市
総社市
津山市
備前市
美作市