HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [中国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


尾治針名眞若比女咩神社
おじはりなまわかひめじんじゃ
[岡山旅行] 岡山県岡山市北区津島西坂3  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 備前國御野郡 尾治針名眞若比女神社
旧村社

御祭神
尾治針名眞若比女咩命

岡山県岡山市にある。
岡山駅の北西3Kmほどの津島西坂に鎮座。
高校の北側にあり、狭い道を登っていくと、参道の階段がある。
階段の上り口左手には、七つぐろ古墳へ通じる狭い道。
少し歩いてみたが、良くわからなかったので、100mほどで引き返してきたが、
後で地図を確認すると、もう少し先にあったようだ。

で、参道階段へ戻り、少し登ると門があり、
当社の遥拝所となっている。
遥拝所を過ぎてさらに登ると鳥居が建っており、さらに登ると境内。
参道階段の長さは、100mほどあるだとろうか。

境内中央に拝殿があり、
拝殿後方に一段高く石組みがあって、そこは小さな森。
その森の中に、本殿が立っている。

拝殿や本殿の前に、提灯が吊るされており、
本殿の扉も開けられていたが、
参拝は、正月二日、元旦の翌日なのだ。

当社の社号「尾治針名眞若比女咩」の読み方は、
「おじはりなまわかひめ」だが、「おはりはりなまわかひめ」とする資料もある。

式内社・尾治針名眞若比女神社の論社の一つ。
というよりも、尾治針名眞若比女神社の後継社である。

かつては、御崎宮の地に尾治針名眞若比女神社は祀られており、
当地には、天津神社があったが、明治以降のいつからか、
この場所に尾治針名眞若比女神社が移され、
天津神社は境内の末社となったという。

移された理由は不明だが、
御崎宮の地に祀られることに疑問を呈する資料もあり、
御崎宮に祀られる以前の古社地を探した結果かもしれない。

当社は、「備前国神名帳」記載の「従四位下 尾張針田明神」と考えられるが、
当社のある半田山の「半田」は「針田」からの訛とする資料もある。
半田山と、その西にある烏山との間の稜線の鞍部には
都月古墳などもあり、当地が古代の祭祀の場であってもおかしくはない。

岡山の中心部に近い場所にあるのだが、
山間部の神社に訪れたような雰囲気があって面白い。
が、夜に一人で参拝するのは、かなり怖いかもしれない。


参道入口の遥拝所

参道鳥居

参道

境内

拝殿

拝殿背後の森

本殿

本殿


最終更新日:2013/10/09
【 尾治針名眞若比女め神社 尾治針名眞若比女咩神社 (岡山市) 】

ボーダー




中国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

安来市
隠岐郡 隠岐の島町
隠岐郡 海士町
隠岐郡 西ノ島町
隠岐郡 知夫村
雲南市
益田市
江津市
出雲市
松江市
仁多郡 奥出雲町
大田市
浜田市
邑智郡 美郷町
邑智郡 邑南町

井原市
岡山市
加賀郡 吉備中央町
笠岡市
玉野市
高梁市
小田郡 矢掛町
真庭市
瀬戸内市
赤磐市
倉敷市
総社市
津山市
備前市
美作市