HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [中国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


天健金草神社
あまたけかなかやじんじゃ
[島根旅行] 島根県隠岐郡隠岐の島町都万砂子谷4245−3  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ蔓柏


三つ巴

合祀八幡宮神紋

式内社 隠岐國隠地郡 天健金草神社
旧県社

御祭神
大屋津姫命 抓津姫命 誉田別尊
配祀 息長足姫命 玉依姫命 鹽土翁 建御名方命
(誉田別尊以下三神は合祀八幡宮祭神)
(建御名方命は大正六年合祀諏訪神社祭神)

『舊社取調帳』(明治)には、
左殿 大屋津媛命 抓津媛命 鹽土翁
右殿 誉田皇尊 玉依姫命 息長足姫命

隠岐島後、隠岐の島町(旧都万村)にある。
相殿に都万村八幡宮を祀るが、近年まで、そちらが主だった感じ。
畑に面した丘の上にあり、境内は鬱蒼とした感じ。

式内社・天健金草神社に比定される古社。

大屋津姫命抓津姫命は、素盞嗚尊の娘で、
五十猛命とともに樹種を全国に植え歩いた神々。
通常は三神で祀られる場合、五十猛命が入るのだが、当社には無い。
左殿に祀られていた鹽土翁が五十猛命なのだろうか。

抓津姫命は狭山涌泉に、大屋津姫命は大屋仙洞に鎮座していたらしい。

大屋仙洞は、西南西約2Kmにあるらしい。
狭山涌泉は、東北北約2Kmの抓津比賣命を祭神とする幣池神社だろうか。

社伝によると、延喜六年七月十三日、
隠岐国の坤方より猛風が吹き、天健金草神の託宣があった。
「新羅の賊船が北海にあり、我、彼の賊を追退せんがため大風を吹かせた」
その後、帆柱等が流れ着き、神威の大きさを知らしめた。

孝謙天皇天平勝宝七年、八幡原に社殿を建立。
あるいは、八幡原にあった社殿を現在の霊亀山に遷座したという。
創祀当時の社地・八幡原には礎石が残っているらしい。

瑞垣はブロックで組まれており、特に施錠もされていない。
本殿は八幡流造で、どっしりとして大きい。
昔は茅葺きだったことがわかる。
往時を想像しながら、しばし眺める。


社頭

参道

神門

参道

武内社

境内

社殿

拝殿扁額

本殿

本殿

本殿

本殿

参道脇の牛突場

天健金草神社由緒略記
一、 社格、社號、鎮座地、
(消字)社 天健金草神社 穩地郡都万村大字都万靈亀山鎮座
二、 祭神、
大屋津媛命 抓津媛命 應神天皇
息長帯姫命 玉依姫命 塩土老翁
建御名方命
三、 由緒沿革、
當社ハ延喜式神名帳に隠岐國郡三座と 列記せられたる中の天健金草神社として人皇四 十六代孝謙天皇天平勝寶七年八幡原に神社を 建立す今まで一千貮百有余年是則ち本社の創立 なり祭神大屋津媛、抓津媛二神ハ素盞鳴尊乃 御女にして御兄五十猛命と共に八十木種を植ゐしめて 此國土を開拓し給ひて終る大屋津媛命は大屋仙洞 に座し抓津媛命は狹山涌泉に座すと依りて地號を 都萬院と稱す、旦狹山涌泉わ神仙院霊拓と發して 毎年幣帛を奉る流水漲漾りて大屋の仙洞に通ふと 神代より今日まで・・・
  以下良く読めない
四、 神階、
人皇五十六代清和天皇貞観十三年閏八月二十九日授 隠岐國從五位上天健金草神從四位下
人皇五十八代光孝天皇仁和元年授隠岐國從四位 下天健金草神從四位上
光嚴院御宇正慶二年癸酉後醍醐天皇御座當嶋 時依還幸丹祈特當社、祷于當社而女神二座 贈正一位
五、 祭祀、祭日、
古来より當社恒例の最も重き祭祀ハ御幸祭、 百手的祭、放生會の三大祭にして御幸祭は往古の 寛弘三年三月に始りしも一時中断せしを明治維新の 際、再興し本村大字蛸木津戸都万那久油井の五大字 にて舉行せしも其後分離して現今大字都万崇敬 者にて執行せり放生會は明治初年より秋大祭 と改稱し今尚ほ續行せり
祈年祭 三月一日 例祭 四月一五日
秋祭 九月十五日 新嘗祭 十二月一日

−神門の額−
(消字)は「村」と書かれていた



最終更新日:2013/10/09
【 天健金草神社 】

ボーダー




中国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

安来市
隠岐郡 隠岐の島町
隠岐郡 海士町
隠岐郡 西ノ島町
隠岐郡 知夫村
雲南市
益田市
江津市
出雲市
松江市
仁多郡 奥出雲町
大田市
浜田市
邑智郡 美郷町
邑智郡 邑南町

井原市
岡山市
加賀郡 吉備中央町
笠岡市
玉野市
高梁市
小田郡 矢掛町
真庭市
瀬戸内市
赤磐市
倉敷市
総社市
津山市
備前市
美作市