HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [中国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


伊勢命神社
いせみことじんじゃ
[島根旅行] 島根県隠岐郡隠岐の島町久見宮川原375  Zenrin Data Com Maps display !!


五七の桐

式内社 隠岐國隠地郡 伊勢命神社 名神大
旧郷社

御祭神
伊勢命

隠岐島島後の北端、旧五箇村にある。
伊勢神宮とは関係ないが「内宮」ともよばれているらしい。

久見村の入口にあり、社前の道路は拡張中だった。
災害時の避難地にもなっている。

早朝の参拝で、木々がまだ水を含み、瑞々しい。
本殿もどっしりとしており、凛とした空気を感じた。

創祀年代は不詳。
社伝によると、ある夜神光が海上より輝きながら仮屋の地に止まり、
神託により伊勢明神として奉斎したのが当社。
その後、まもなく現在地に遷されたという。
『明治神社誌料』には「御神体は鏡」とある。

隠岐は朝鮮との関係や海に関する伝承が多いせいか。
祭神の伊勢命も、朝鮮からの移住者の祖神らしい。

隠岐では、「神光」の伝説が幾つか有る。
ここ伊勢命神社比奈麻治比賣命神社焼火神社など。
どれも、光の玉が出現し、漂流者を導き、あるいは災いとする。

新潟の、旦飯野神社では、宮司に「天灯」という名で同様の伝承を聞いた。
光り輝く玉が出現し、佐渡から後を追ってみると、旦飯野神社へ降臨したということ。

新羅の天之日矛は、赤い玉から生れた阿加流比売を追って日本へ来た。

蜃気楼が見えるように、日本海側では、
そのような光の玉が出現する自然現象があったのだろうか。
面白い。

式内社・伊勢命神社に比定されている古社。
明治五年郷社に列した。

隠岐の山は、円錐形・御碗型が多いので、どの山も神奈備に見えるが、
実際はそういう感じではないようだ。

神紋は『式内社調査報告』では、五三の桐とあり、
『神国島根』には七五三桐とあるが、境内には五七の桐があった。


社頭

鳥居

神門

境内

境内社

拝殿

社殿

社殿

境内社と石碑

本殿

本殿

境内から鳥居。奥の山は丘山か?

 社家の記録に「當社最初の御鎮座地は久見港を距る約五 町許り西南方に位する字假屋の地にして、この地を特に宮 地と選定したるに付ては、古老傳説あり。則ち伊勢族移住 の初に當りては神社の設けなかりし如し。然るに一夜神光 海上より輝き來りて假屋の地に止りしが、その降臨夜々出 現止まざりしに、偶伊勢族の一人神託を蒙りしを以て、假 に一小祠を建て伊勢明神を奉齊せしより、神火の出現甫め て止たりと云ふ。之實に伊勢族が祖神を勧請して冥護を祈 りし神話を傳へたるものなり」と説いてゐる。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 伊勢命神社 】

ボーダー




中国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

安来市
隠岐郡 隠岐の島町
隠岐郡 海士町
隠岐郡 西ノ島町
隠岐郡 知夫村
雲南市
益田市
江津市
出雲市
松江市
仁多郡 奥出雲町
大田市
浜田市
邑智郡 美郷町
邑智郡 邑南町

井原市
岡山市
加賀郡 吉備中央町
笠岡市
玉野市
高梁市
小田郡 矢掛町
真庭市
瀬戸内市
赤磐市
倉敷市
総社市
津山市
備前市
美作市