HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [中国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


田土浦坐神社
たつちのうらにましますじんじゃ
[岡山旅行] 岡山県倉敷市下津井田之浦1−15−30  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 備前國兒嶋郡 田土浦坐神社
旧無格社

御祭神
大綿津見神

岡山県倉敷市にある。
瀬戸内海にかかる瀬戸大橋の北の付け根、
田之浦港を見下ろす丘の上に鎮座。
近くには鷲羽山ハイランドがあるが、
昔、大阪にいた頃に、一度遊びに来たことがある。
その時は、ほとんど客が居なくて、貸切状態だったが。

境内は南西向き。
港の町の中の狭い路地に参道入口の鳥居が立ち、
階段を登ると境内。
丘の上にある境内の横まで車で来ることができる。

元日は神社参拝客が多いので、
いつもは元日は家でゆっくり過ごすのだが、今年は特別。
倉敷のホテルから、日の出前に瀬戸大橋を渡り香川を散策。
日が昇った頃に、瀬戸大橋を戻って来て、当社に到着。
元日の朝、元旦の参拝なのだ。

通称は、田の浦の明神様(たのうらのみょうじんさま)。

創祀年代は不詳。
式内社・田土浦坐神社に比定されている古社である。
鎮座地の田之浦と田土浦の近似が根拠で、
どちらかがどちらかの訛と考えられている。

現在の祭神は、大綿津見神
異説として、水門神速秋津日命、葛木襲津彦命など。
瀬戸大橋がかけられているように、
当地は瀬戸内海交通の要衝にあたる地であるから、
海の神、水の神、港の神が祀られたのだろう。

近世には、新庄八幡宮の摂社となり、
祭神も伊弉諾尊伊弉冉尊とされていた時期もあるらしい。
当社祭神は、「火の嫌いな神」だそうで、
伊弉冉尊というのも頷ける話。

本殿の屋根には、菊紋が付いていたが、
拝殿瓦には、丸に田の文字が付いていた。
個人的には、丸に田の文字が神紋ではないかと思うが、
結局、不明。


参道入口

階段上の境内

境内から見下ろす町。中央に参道鳥居

社殿

本殿

境内から見た元日の朝日と瀬戸大橋


最終更新日:2013/10/09
【 田土浦坐神社 (倉敷市) 】

ボーダー




中国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

安来市
隠岐郡 隠岐の島町
隠岐郡 海士町
隠岐郡 西ノ島町
隠岐郡 知夫村
雲南市
益田市
江津市
出雲市
松江市
仁多郡 奥出雲町
大田市
浜田市
邑智郡 美郷町
邑智郡 邑南町

井原市
岡山市
加賀郡 吉備中央町
笠岡市
玉野市
高梁市
小田郡 矢掛町
真庭市
瀬戸内市
赤磐市
倉敷市
総社市
津山市
備前市
美作市