HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [中国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


周方神社
すわじんじゃ
[山口旅行] 山口県周南市大字長穂1303  Zenrin Data Com Maps display !!


剣片喰

式内社 周防國都濃郡 二俣神社
旧郷社

御祭神
建御名方神
配祀 大物主神 八千矛神

旧徳山市の北側、旧鹿野町へつづく315号線の近く。
向道ダムによる向道湖の南1kmのところ。
315号線から東、長穂温泉側へずれた道の側にある。

315線を5km北上すると、同じ式内二俣神社論社の二俣神社
さらに5km北上すると二所山田神社がある。

創祀年代は不詳。
往古、清寧天皇の頃(480〜)には、本村下莇に鎮座していたという。
後、字長田に遷座し、その後現在地に遷された。

周方」と書いて、「すわ」と読む。
諏訪からの勧請社らしいが、最初、「周方」という字を見た時、
すおう」と思い込んでいた。
周防國の国名の由来については、調べていないのだが、
当社との関係は無いのだろうか。

鳥居扁額にもあるように、当社は二俣神社と周方大明神の合体。
明治までは二俣神社周方大明神と称していた。

参道入口に鳥居には、「二俣周防両大明神」とある。
参道の森を抜けると階段があり、境内。
社殿は、少し荒れた感じだったが、
拝殿内には「産土講社」とあり、講社制度が残っているのだろうか。

本殿は拝殿後方に隠れていて、はっきり確認はできない。
階段状に幣殿があるようだが。

拝殿両脇にも鳥居があり末社らしき祠。右は恵比須、左は不明。


社域

参道入口

参道鳥居

社前

社前の鳥居

拝殿

社殿

拝殿左右の境内社

 長穂の式内正一位二俣神社は社傅によると、雄略 天皇八年に長田に鎮座、のち宮原の亀山へ移したが、後年、 鹿野、大向の両肚より式内の論争が生じたとき、亀山の社地 が狭いために両所に勧請させたものだと傅へてゐる。元禄 二年(一六八九)、再建の棟札には二俣周方二所大神と記載 されてゐるのであるが、これより先、貞享二年(一六八五) 八月廿日の『神主家舊記』に「周方國都濃郡一座之神社長 穂村宮ノ原と申所に従古来御社貳有之候…御什寶抔御座 候様ニ承候ヘ共、文禄年號之頃御社頭炎燒仕、其時代〆無 御座由申傅候」とあつて、文禄年間に焼失して以来、二俣 神社に関するものは一切焼失したのである。周方社につい ては、社傅によると、清寧天皇の御宇、出雲國より本村字 下筋に御影向あり鎮座されたが、のち字長田に奉遷し、さ らに現社地に遷すと傅へてゐる。元禄二年、社殿を再建し て二社を合祀し、式内二俣神社周方大明神と称するに至 る。明治四年、周方神社と改称し、さらに同七年二月に郷 社に列せられた。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 周方神社 】

ボーダー




中国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

安来市
隠岐郡 隠岐の島町
隠岐郡 海士町
隠岐郡 西ノ島町
隠岐郡 知夫村
雲南市
益田市
江津市
出雲市
松江市
仁多郡 奥出雲町
大田市
浜田市
邑智郡 美郷町
邑智郡 邑南町

井原市
岡山市
加賀郡 吉備中央町
笠岡市
玉野市
高梁市
小田郡 矢掛町
真庭市
瀬戸内市
赤磐市
倉敷市
総社市
津山市
備前市
美作市