HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [中国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


天佐志比古命神社
あまさしひこのみことじんじゃ
[島根旅行] 島根県隠岐郡知夫村宇都1018  Zenrin Data Com Maps display !!


三盛り亀甲

式内社 隠岐國知夫郡 天佐志比古命神社
旧村社

御祭神
天佐志比古命
大己貴命の別号とする説がある)

隠岐島前、知夫里島の南、知夫漁港に面した知夫里(ちぶり)にある。
昔は、本土からの入口だった所。
最近まで、本土からの定期便が入航していたが、
今は、島の北側の来居港から約1Kmの陸路のみ。
通称、一宮神社(いっく)という。
これは、知夫里島の一宮という意味だろう。

隔年で歌舞伎奉納が行われるらしい。
本殿は非常に美しい形だ。隠岐造か。
鳥居の額には「一宮神社」。

社伝によると、
祭神は、用明天皇の御代、新府利の沖の中島(神島)に出現し、
中島に五十九年坐した後、
孝徳天皇白雉四年八月、新府利東浜詰岩石に上陸したという。

初めは、新府利(仁夫里)の里に鎮座していたが
万治二年十月、現在地に遷座。

式内社・天佐志比古命神社に比定されている神社で、
『続日本紀』に仁明天皇承和十五年(848)、
従五位下を叙されたとある古社。


社頭

鳥居

鳥居

境内

拝殿

拝殿扁額

入口脇の社

本殿

社殿から港

隠岐島前指定文化財
天佐志比古命神社
 (一宮神社)の芝居小屋

 江戸時代の明和年間、知夫湾に鯨の 漂着があり、その後折り悪く火災や疫 病の流行が続いた。このように凶事が 続くのは鯨が神慮を汚した為であると され、神慮を慰める方法として少年の 手踊りを奉納しそれが毎年恒例の神事 の中に組み込まれたのが始まりである。
 寛政年間に入り演技的な進歩が見ら れ、文政に入ると京都の流入僧速了法 師の指導により歌舞伎の要素が入り、 明治時代になると本格的に村民による 歌舞伎奉納が行われ現在に続いている。
 野外観覧席の廻り舞台を持つ芝居小 屋は本村と淡路島の文楽の二ヶ所のみ が存在する貴重なもので、近年建て替 えられはしたが旧態を残しており、隠 岐島前の文化財に指定されている。
 芝居奉納は天佐志比古命神社例大祭 に併せて隔年七月二十四日・二十五日 の両日夜行われる。

−境内案内より−



最終更新日:2013/10/09
【 天佐志比古命神社 】

ボーダー




中国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

安来市
隠岐郡 隠岐の島町
隠岐郡 海士町
隠岐郡 西ノ島町
隠岐郡 知夫村
雲南市
益田市
江津市
出雲市
松江市
仁多郡 奥出雲町
大田市
浜田市
邑智郡 美郷町
邑智郡 邑南町

井原市
岡山市
加賀郡 吉備中央町
笠岡市
玉野市
高梁市
小田郡 矢掛町
真庭市
瀬戸内市
赤磐市
倉敷市
総社市
津山市
備前市
美作市