HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [中国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


素盞嗚神社
すさのおじんじゃ
[広島旅行] 広島県福山市新市町大字戸手天王1−1  Zenrin Data Com Maps display !!


五瓜に唐花

式内社 備後國深津郡 須佐能袁能神社
備後国一宮
旧県社

御祭神
素盞嗚尊 稲田姫命 八王子命

素盞嗚神社公式サイトを開く

広島県新市町戸手にある。
JR上戸手駅のそば。
おなじく備後国一宮の吉備津神社は、
当社の北西、2・3Kmの場所にある。

線路と狭い道路に挟まれた、東西に長い境内。
東側の鳥居から、隋神門・舞殿・拝殿・幣殿・本殿と並んでいる。

社伝によると、天武天皇の御宇(672〜686)の創祀。
醍醐天皇の御宇(897〜930)に再興されたという。

当地は、江ノ熊・江隈・疫隈などとも呼ばれていた地で、
当社は、「備後国風土記」にある「疫隈國社」である。
蘇民将来伝説の発祥の地であり、全国祇園社のもと。

北海にいた武塔神が、
南海の神の娘のもとへ通う時、日暮れてしまい、
当地で宿を求めた。
当地には、将来兄弟が居り、
弟の将来は豊かであったが、宿を与えず、
兄の蘇民将来は、貧しかったけれども、宿を貸す。
武塔神は、南海から八柱の御子を率いての帰路、
当地で、報復を行うことになるが、
蘇民将来の子孫には、腰に茅の輪を付させて目印とし、免れたという。
武塔神は、その時、「吾は速須佐雄の神なり」と名のったという。

当地が通過点だとすると、
北海は日本海、南海は瀬戸内か太平洋になる。
やはり素盞嗚尊は出雲の神なのだろうか。

ちなみに、かって境内に早苗松という三株が一所に生えた老松があり、
巨旦将来(蘇民将来)の屋敷跡だと伝えられていた。

社殿左の境内社は、蘇民神社と疱瘡神社。
右には、天満宮がある。
天満宮は、明治までは本地堂と呼ばれ、聖観音を祀っていた。

鳥居・隋神門をくぐり、長い参道を西へ進むと、舞殿がある。
舞殿後方に、拝殿・幣殿・本殿。
本殿は入母屋造で、なかなか美しい。

東西に長い境内なので、朝夕の陽の動きによって、
雰囲気が変化して面白い。



東側の境内入口

随神門

随神門から社殿

社殿から随神門

境内・社殿

拝殿

境内右手の相方城城門?

本殿

本殿左にある疱瘡社・蘇民社

本殿右にある天満宮

素盞嗚神社
 『北海に坐します武塔神……南海に出でまし しに日暮れぬ。その所に将来二人ありき、兄 の蘇民将来、甚く貧しく弟の巨旦将来、富 みて屋倉一百ありき……(備後風土記逸文)より』
 この附近一帯を疫の隈という。
 蘇民将来「茅の輪」伝承発祥の地として、文 献上最古の記録を残すほか「疫の隈国社」として 延喜式神明帳にみえる古い歴史をもっている。
 武塔天神は祇園牛頭天王とも称されるほか 建速須佐之男(古事記)(日本書紀では素盞嗚尊) と記された出雲神話の祖である。
 明治初期までの神仏習合の一時期「早苗山 天龍院天王寺祇園社」と呼ばれた事もあり、早苗の 松の伝承を残した。
 本社は備後三祇園の一社で七月の祇園 祭りは備後地方の夏祭りとして有名であり 祭り終了日の深夜、吉備津神社よりの「無言 神事」が今も行われている。
 建造物のうち道路側の楼門は相方城(天正 年間・一五八〇年ごろ)の城門を移築しており当時 の建築様式を知るに貴重である。
 『茅の輪くぐり』(旧暦六月三十日、直径約二メートル の茅の輪をつくり無病息災・厄除けを願って 茅の輪をくぐる行事をいう)
<本殿>…入母屋造・千鳥破風・桧皮葺
<拝殿>…入母屋造・向拝付唐破風
<西城門>…二重楼門
<鳥居>…明神鳥居
(境内に県天然記念物指定の大スギがあったが先年枯死する)

−境内案内より−



最終更新日:2013/10/09
【 素盞嗚神社 】

ボーダー




中国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

安来市
隠岐郡 隠岐の島町
隠岐郡 海士町
隠岐郡 西ノ島町
隠岐郡 知夫村
雲南市
益田市
江津市
出雲市
松江市
仁多郡 奥出雲町
大田市
浜田市
邑智郡 美郷町
邑智郡 邑南町

井原市
岡山市
加賀郡 吉備中央町
笠岡市
玉野市
高梁市
小田郡 矢掛町
真庭市
瀬戸内市
赤磐市
倉敷市
総社市
津山市
備前市
美作市