HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [中国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


須多神社
すたじんじゃ
[島根旅行] 島根県松江市東出雲町須田523−1  Zenrin Data Com Maps display !!


二重亀甲に
宝子の玉

式内社 出雲國意宇郡 湏多神社
旧村社

御祭神
宇迦之魂命
合祀
須田下社 金山彦命 (出雲風土記記載社)
意宇ノ社 八束水臣津野命

旧東出雲町(現松江市)。意宇川へ合流する須田川側にある。
9号線から53号線を南下し、1Kmほどで須田川沿いの脇道を進む。
川にかかるコンクリートの橋の東側に鳥居がある。

参道を進み、階段を上がると境内。
拝殿と本殿、境内社が一つのガランとした境内だ。

『式内社調査報告』では、神紋は「二重亀甲に三つ巴」とあったが、
亀甲の中は宝珠のように見える。それぞれの宝珠が巴に見えないこともないが、
通常の三つ巴とは明らかに違うようだ。

『神国島根』で確認したところ「二重亀甲に宝子の玉」だそうだ。

創祀年代は不詳。
式内社・湏多神社に比定されている古社で
出雲国風土記に「須多社」と記されている神社。

明治以前は、白尾大明神と呼ばれ、稲荷信仰を習合していたようだ。

合祀されている須田下社は、出雲風土記記載の不在神祇官社で、
須多谷荒子大明神と称され、意宇ノ山に鎮座していたらしい。

『ガラン』としている。とにかくそんな印象しかない。
社殿は南面しており、背後に山城山(57.1m)がある。


境内前の須田川にかかる橋

鳥居

拝殿

境内

参道階段

本殿

境内社

 天和三年(一六八三)の『出雲風土記鈔』に「黒田ノ驛、 (中略)須田社・同下社、此二祠モ亦同郷須田谷白尾大明 神及荒川大明神也」とあり、享保二年(一七一七)の『雲 陽誌』にも「須多社、白尾明紳なり」と記し、下つて天保 四年(一八三三)の『出雲神社巡拜記』には「上出雲郷村 すた谷白尾大明紳、記伝須多社、式伝須多神社」、『出雲國式社考』 には「須多神社、風土記に同、黒田驛今阿多加夜村の内に 須多といふ地にあり。白尾大明神といふ」と説いてゐる。
 明治になり、白尾大明神では社號を式によつて「須多神 社」に戻し、教部省の『特選神名牒』でも須多神社の所在 地は出雲郷村とするに至つてゐる。

 延喜式神名帳・出雲國風土記登載の神社ながら 記録を見ず。意宇郡明細帳に據れば、往古神事盛行が偲ば れ、『八束郡誌』に「元禄十四年出雲郷村御下札」に「白 尾大明神、三斗三舛四合」給付されてゐる。明治五年村社 に列し、明治四十三年十月十五日神饌幣帛料供進神社に指 定せらる。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 須多神社 】

ボーダー




中国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

安来市
隠岐郡 隠岐の島町
隠岐郡 海士町
隠岐郡 西ノ島町
隠岐郡 知夫村
雲南市
益田市
江津市
出雲市
松江市
仁多郡 奥出雲町
大田市
浜田市
邑智郡 美郷町
邑智郡 邑南町

井原市
岡山市
加賀郡 吉備中央町
笠岡市
玉野市
高梁市
小田郡 矢掛町
真庭市
瀬戸内市
赤磐市
倉敷市
総社市
津山市
備前市
美作市