HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [中国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


美談神社
みたみじんじゃ
[島根旅行] 島根県出雲市美談町182  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に美

式内社 出雲國出雲郡 美談神社
旧村社

御祭神
経津主命 武甕槌命 息長足姫命
配祀 式内社
出雲國出雲郡 同社比賣遲神社 比賣遅神

境内 式内社・式外社
出雲國出雲郡 縣神社
合祀 出雲國出雲郡 同社和加布都努志神社
縣神社
天穂日命 和加布都努志命

出雲國出雲郡 印波神社
合祀 式外社 彌陀彌神社 出雲風土記
印波神社
天手力雄命 太玉命

出雲市(旧平田市)、旅伏山の東南麓、美談町にある。
431号線沿いに鳥居があり、階段上に境内。
431号線を東へ行けば宍道湖、西へ行けば出雲大社。
ちょうど中間地点になる。

創祀年代は不詳。
式内社・美談神社に比定される古社で、
出雲国風土記には「彌太彌社」とある神社。

建長年中、出雲国守佐々木次郎左衛門泰清の七男・広田頼清が
八幡宮を勧請合祀し、以後は正八幡宮と称していた。

祭神は、経津主命武甕槌命息長足姫命
息長足姫命は、上記八幡宮の祭神であった。

「式社考」などが祭神としている和加布都努志命
所造天下大神御子」とあり、大国主命の子である。

明治五年村社に列した。

相殿の比賣遅神は、式内社・同社比賣遲神社の祭神。
出雲国風土記に「彌陀彌社」とある神社。
昔は、西谷の奥の鎮座し、若宮大明神と称していたが
中田に鎮座していた縣神社に合祀され、
慶応三年(1867)、当社境内に遷座。
その後、本殿に合祀されたようだ。

出雲国風土記には、神祇官在籍の「彌太彌社」「彌陀彌社」とがあり、
さらに、神祇官不在の「彌陀彌社」が十社(あるいは十二社)記されている。

神祇官在籍の「彌太彌社」が、当社・美談神社、
神祇官在籍の「彌陀彌社」が、合祀の比賣遲神社。
神祇官不在の「彌陀彌社」は、すべて境内末社の彌陀彌社二社に祀られている。

神紋は、社名から「丸に美」。


鳥居

階段わきの社号標

拝殿

拝殿

本殿

本殿の左には式内社が、右には風土記記載社がそれぞれ祀られている。

左の二社は、印波神社(天手力雄命 太玉命)と
縣神社(天穂日命)+和加布都努志神社(和加布都努志命)。

右の祠には、小早川神社(小早川正平・隆景)と
二つの彌陀彌神社(大山咋命木花咲耶姫命櫛御氣野命・大地主命)。
彌陀彌神社二社には、風土記記載の彌陀彌社十二社が合祀されている。
さらに右横に、社日社がある。

境内社の印波神社は、式内社・印波神社であり、
出雲国風土記に「伊波社」、あるいは「伊爾波社」とある神社。
東谷に鎮座し、印場明神と称していたが、
明治四十二年、当社境内に遷座した。

境内社の縣神社は、式内社・縣神社であり
出雲国風土記に「阿我多社」とある神社。
今在家の国長に鎮座していたが、寛永の洪水で流れ
享保十一年(1726)、中田の地に再興し比賣遲神社を合祀。
さらに和加布都努志神社を合祀して、当社境内に遷座したという。

縣神社に合祀された和加布都努志神社は、式内社・和加布都努志神社。
出雲国風土記に「縣社」とある神社。


本殿左
印波神社 と
縣神社和加布都努志神社

本殿右
小早川神社彌陀彌神社二社 と
社日社

境内には他にも石祠がある

灯籠が祀られていた

 彌太彌社・美談神社といふ社名は、中世 以後のものにはほとんど現れてこない。享保二年(一七一 七)の『雲陽誌』にも、美談村の條には正八幡宮・松尾明 神・印場明神・若宮などとは記されてゐるが、彌太彌社と か美談神社といふ社名は記されてゐない。これより少し先 に成つた天和三年(一六八三)の『出雲風土記鈔』にも、 「彌太美社・阿加多社・伊波社・彌陀彌社・縣社、此五社 (中略)伊波神社ハ見今在美談村、餘外四社蓋可有今在家 村」とあつて、伊波社以外は現在の、つまり當時の今在家 村にあるべきだとまではいつてゐるが、そこの何社である とはいつてゐない。といふことはすでに容易に知り難い状 態になつてゐたといふことであらう。
 しかるに天保四年(一八三三)の『出雲神社巡拝記』美 談村の條には「同村八幡宮合殿、記云彌陀彌社、式云美談神社、祭神ふつ ぬしの命・たけミかづち命」とし、「當社祭神ハわかふつ ぬしの命なるべし。扨又當みだミの社ハ八まん宮に合殿と あるハ誤り也。八まん宮を此美談社に合祭りたる也」と説 いてゐる。これはいかなる根據によつていふことであつた かわからないが、ただこれとほぽ同じころに成つた千家俊 信の『出雲國式社考』にも「美談神社、風土記に彌陀禰社と あり。東林木村より十八町計東なる美談村美談紳社今楯縫郡に属。 祭紳未考。風土記に、美談郷、所造天下大紳御子和加布都努志命」云々と説いてゐるので、このころになるとすでに 八幡宮の名はあつても、それとともに古来の美談紳社の名 も再顯するに至つてゐたものと思はれる。かくして明治維 新に至り、この社では社名を美談神社の昔に戻すこととし た次第である。
 久しくその主神の座にあつた八幡宮は、『巡拝記』によ れば「建長年の頃、佐々木次郎左ヱ門泰清の七男廣田頼清 の此の八まん宮を勧請せらしと聞ぬ」といふのであるか ら、要するに當國守護職鹽冶氏の系累によつて勧請された ものであつた。されば武家時代においては、その蔭に古代 以来の在地の守護神がかくれたまふのも、またやむを得ぬ ことであつたと思はれる。
 明治五年、村社に列せられた。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/11/06
【 美談神社 】

ボーダー




中国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

安来市
隠岐郡 隠岐の島町
隠岐郡 海士町
隠岐郡 西ノ島町
隠岐郡 知夫村
雲南市
益田市
江津市
出雲市
松江市
仁多郡 奥出雲町
大田市
浜田市
邑智郡 美郷町
邑智郡 邑南町

井原市
岡山市
加賀郡 吉備中央町
笠岡市
玉野市
高梁市
小田郡 矢掛町
真庭市
瀬戸内市
赤磐市
倉敷市
総社市
津山市
備前市
美作市