HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [中国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


神根神社
こうねじんじゃ
[岡山旅行] 岡山県備前市吉永町神根本1147  Zenrin Data Com Maps display !!


菊菱


五七の桐

式内社 備前國和氣郡 神根神社
旧郷社

御祭神
木花開耶姫命
配祀
仲哀天皇 応神天皇 神功皇后 天照大神 豊受大神 素盞嗚尊
伊弉諾尊 伊弉冉尊 大己貴命 速玉男命 事解男命 大山祇神

『備陽國誌』
開化天皇皇子・大根王(記紀になし)
『吉備温故秘録』
開化天皇孫・神大根王
『吉備温故秘録』
鐸石別命(和気氏始祖)
『吉備温故秘録』
大中津日子命(和気氏本姓磐梨別公の祖)

岡山県吉永町神根本にある。
JR吉永駅の北東4Kmの山麓に鎮座。
八塔寺川に沿って、南北に走る道路の西奥にある。
2Km西へ行くと神道山という山がある。

岡山県だが、もう2Kmほど東へ行くと兵庫県なのだ。
鎮座地の「神根本」は、「コウネホン」と読むらしい。

当社は、もと現社地の500m東の、「古美山」に鎮座していたが、
建久年中に、現在地に鎮座したという。

祭神は、開化天皇の皇子、あるいは孫などとよばれ、
大根王、神大根王などとされていたが、
文久元年、神根神社祠官・北川宗國の説により
木花開耶姫命が、主流となった。
ところで、記紀には大根王は記されていない。
大根王は、神大根王の誤記か、神大根王の父・日子坐王のことだろうか。

仲哀天皇以下の祭神に関しては、
明治43年に合祀された周辺神社の祭神。

鳥居の奥に神門があり、その後ろに階段。
階段上は、あまり広くはないが、拝殿・本殿がある。
本殿の右手には、いくつかの境内社も並んでいる。

一番大きな境内社が天神社だろうか。
奥の祠の中に、小さな牛の像が沢山奉納されている。

本殿の屋根には菊紋が付けられていたが、
本殿周囲の瑞垣には、菱形の菊紋と桐紋が刻印されている。


社頭

鳥居

神門

階段上に社殿

社殿

右手に境内社

小さな牛が沢山

本殿

本殿

下から境内

 神根神社は三代實録の貞観七年(八六五)七月 二十六日の項に「備前國正六位上神根神(中略)等並従五 位下」とあるのが初見である。『備前國神名帳』諸本及ぴ 『國内神名位階記』山本本には前記のとほり「従二位神根 大明神」「正二位神根大明神」とあり、『和気郡誌』には 「天正十八年十一月備前宇喜多中納言秀家卿家臣長船紀伊 守検地の節、數度の神位記、神田共悉く取り上ると云傅 へ……」とある。
 當社は備前國の三宮とされ、寛文十年(一六七○)には岡 山藩主池田光政が和気郡奉行渡邊助左衛門に命じて社殿を 改築し、社領二石九斗及び神根本村字鯉の河原の新田三反 歩を寄進したといはれる。字鯉の河原の新田は享保十三年 (一七二八)九月の洪水によつて流失し、そのため文久元 年(一八六一)になつて祠官北川宗國によつて再興がはか られてゐる。
 明治五年郷社に列し、同四十年一月二十七日神饌幣帛料 供進神社に指定された。明治四十三年五月には神根村字板 屋の御崎神社、字山津田の今伊勢神社、字門出の八幡神 社、字南谷の素盞嗚神社、字和意谷の大山祇神社、字樫村 の熊野神社を合祀してゐる。
 『備前國式内書上考録』によると、社頭に櫻の古木かあ り、これを神木と云ひ傅へてをり、そこが元の社殿のあつた 跡であるとしてゐる。また、そこから几そ二町ばかり隔て たところに宇鳥の木といふところがあり、元の烏居の跡と いひ、同所の「射場の元」といふ田地は祭典の際に「流鏑 馬の神事」が行はれてゐた場所であると傳へてゐる。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 神根神社 】

ボーダー




中国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

安来市
隠岐郡 隠岐の島町
隠岐郡 海士町
隠岐郡 西ノ島町
隠岐郡 知夫村
雲南市
益田市
江津市
出雲市
松江市
仁多郡 奥出雲町
大田市
浜田市
邑智郡 美郷町
邑智郡 邑南町

井原市
岡山市
加賀郡 吉備中央町
笠岡市
玉野市
高梁市
小田郡 矢掛町
真庭市
瀬戸内市
赤磐市
倉敷市
総社市
津山市
備前市
美作市