HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [中国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


都波只知上神社
つばしちがみじんじゃ
[鳥取旅行] 鳥取県鳥取市河原町佐貫511  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に剣花菱

式内社 因幡國八上郡 都波只知上神社二座
旧村社

御祭神
大帶日古淤斯呂和氣命(景行天皇) 日本武尊
合祀
天穗日尊 大己貴尊 三穗津姫命 素盞嗚尊 櫛名田比賣尊 八上比賣尊
天太玉尊 彦火火出見尊 鹽土老翁尊 景行天皇 猿田彦尊 事代主尊
意富伊我都命 伊弉册命 伊弉諾命 十握劍 保食神 罔象女命
倉稻魂命 級長戸邊命 帶中津彦命 誉田別命 氣長足姫尊 浅ア尊

鳥取県鳥取市(旧河原町)にある。
JR国英(くにふさ)駅から西へ1Kmほど進み、
道を南下して500mほどで、参道入口の鳥居がある。

参道を少し進み、左折すると、森のような境内。
細い参道の奥に社殿が見える。

拝殿の後方に、覆屋根を付けた本殿。
破風付きの古そうな本殿が渋い。

創祀年代は不詳。
社名の「都波只知」は、ツバシチともツバキチとも読む。

『日本書紀』に、景行天皇が碩田国(現在の大分)に至ると、
当地の鼠の石窟と呼ばれる大きな石窟があり、
青という名の土蜘蛛と白という名の土蜘蛛が住んでいた。
皇命に従わない二人の土蜘蛛を、来田見邑において、椿の椎で討ったので、
その地を、「海石榴(つばき)市」と呼ぶようになったという話がある。

当社の伝承では、その来田見邑を当地であると考え、
海石榴市、つまり、ツバキチの神の社とする。

また、往古、当社を中心に市が栄え、
地に椿の樹木を植えたことから、椿市となったとも。
ゆえに、文化五年まで、市大明神、
あるいは大地大明神とも、大智大明神とも呼ばれていたらしく、
周囲には、六日市、八日市などの地名が残っている。

祭神は、景行天皇日本武尊
異説があり、土蜘蛛を退治した、武内宿禰が椿の樹で作った太刀など。

当初は、現在地の1、2Kmほど谷奥に鎮座していたが、
氏子参詣の不便のため、現在地に遷座した。

由緒を見ると、
社名の「都波只知」は「海石榴市」であることが説明されているが、
「上」とは何だろう?
昔は、下社、上社と分かれていたのだろうか。

境内の案内に、神紋は「丸に剣花菱」とある。
本殿の幕に、それらしき紋が付いていたが、
剣花菱の周りに木瓜のような文様が見える。

自然が残っているというか、そのまま放置されたような空間。
境内に入ると、背筋がゾクッとする。
それが心地よいかどうかは、その時次第だろう。


参道入口

参道の鳥居

参道

社殿

社殿

拝殿扁額

本殿

境内社

都波只知上神社概略
一、 延喜式内社 旧村社、祭神は大帯日子淤斯呂和氣尊(景行天皇)日本武尊の二 神を祀る(その後明治以降いく度か近郷の氏神 が合祀され現在二十六座が祀られている)。当社 は佐貫村の谷隘の山麓に北面して鎮 座、(往古は一、二メートル許り奥の宮谷にあったが 氏子の参詣に不便なため、いつのころか現在地佐貫 字林の谷に遷られたと伝えられる)当社の創立 年代は不詳であるが凡そ千七百年以 前に建てられたものである。
二、 由緒−伝説によれば昔人皇十二代景行 天皇の朝に蜘蛛谷と云う処(大皿谷)に、 土蜘蛛が住み、悪行甚しく人々を苦し めたので、帝は皇子日本武尊に武内 宿弥を添え、海石榴樹で作った椎で 山を穿ち退治された(日本書紀巻第七 記事による)。其時の功を推崇して祭り 「都波只知上神社」と稱して氏神と した。神号「都波只知」は「海石榴市」 の假名書である。(文化五年−一八〇八−社号を それまで市大明神或は大地大明神−大智とも書く −と称されていたが現号に復称されている)
三、祭神
大帯日子淤斯呂和氣尊日本武尊天穗日尊大己貴尊八上比賣尊三穗津姫尊天太玉尊素盞嗚尊櫛名田比賣尊彦火火出見尊景行天皇鹽土老翁尊猿田彦尊事代主尊。意富伊我都命。伊弉諾尊伊弉册尊。浅ア尊。十握劍。保食神罔象女神倉稲魂尊誉田別尊級長戸邊尊帯中津彦尊気長足姫尊
四、 神階−仁寿元年(八五一)冬十月従五位下を授く (文徳実録)。大正五年十一月三日神饌幣帛料供進 神社に指定される。
五、 合祀社−明治元年、字西山鎮座岩瀬神社、境内 鎮座稲荷神社、字国本鎮座高良神社、三社を合祀、 同五年村社に列格す。明治四十二年、字宮の前鎮座石 坪神社、字廣鎮座白鬚神社を合祀、大正四年、 大字八日市字蜘蛛谷鎮座八日市神社を合祀す。
六、 鳥居−嘉永五年(一八五二)の再建。二の鳥居には寛 延二年(一七四九)の銘あり。四の鳥居は定かでない。
燈籠は天保十四年(一八四三)弘化三年(一八四六)文久元年( 一八六一)等の銘あり。神紋は丸に劔花菱である。
七、例祭日  十月五日
八、建造物  本殿、幣殿、拝殿、神楽所、神輿庫、参籠所
九、境内坪数 一二六八坪
(注) (佐貫郷には六日市、八日市等の市のつく地名が残っているが以前は境 内で市が開かれ盛大な祭祀が行われていたと云う。戦前は社前に 神輿が据えられ鉾榊も行列に加わり夏祭には茅の輪くぐり等 が行われていた。戦後は祭も衰微したが麒麟獅子の舞は受継がれ て実施されている。海石榴は椿の音便、上古は交通上の中心として 神社を中心に市が開かれ群衆する人々に日光の直射を蔽う為 枝葉群茂する樹木(椿類)を植えたと云われる)

−境内案内板より−



最終更新日:2013/10/09
【 都波只知上神社 (鳥取市) 】

ボーダー




中国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

安来市
隠岐郡 隠岐の島町
隠岐郡 海士町
隠岐郡 西ノ島町
隠岐郡 知夫村
雲南市
益田市
江津市
出雲市
松江市
仁多郡 奥出雲町
大田市
浜田市
邑智郡 美郷町
邑智郡 邑南町

井原市
岡山市
加賀郡 吉備中央町
笠岡市
玉野市
高梁市
小田郡 矢掛町
真庭市
瀬戸内市
赤磐市
倉敷市
総社市
津山市
備前市
美作市