HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


熱田神宮
あつたじんぐう
[愛知旅行] 愛知県名古屋市熱田区神宮1−1−1

南の正門から入ってすぐ左に入ると、南面した八剣宮が鎮座。

八剣宮は、和銅元年(708)の創祀。
西夷降伏の祈願のため、新造の宝剣が奉納された。
摂社の筆頭で、本宮に並ぶ別宮と呼ばれる式内社。
祭神は、本宮と同神。


尾張國愛智郡 八劔神社
別宮・八剣宮


八剣宮社殿

八剣宮の南に東面した上知我麻神社があり、
熱田神宮境内を出て境内北西に行くと西面して下知我麻神社がある。

上知我麻神社は、宮簀媛命の父・乎止與命を祀り源大夫社とも呼ばれた式内社。
元は市場町に鎮座していたが、都市計画によって、戦後、現在地に遷座。
拝殿前、左右に、事代主社と大国主社がある。
下知我麻神社は、宮簀媛命の母・眞敷刀俾命を祀り紀大夫社とも呼ばれた式内社。
上知我麻神社とともに、大化三年の鎮座。

平家物語によると、日本武尊が尾張を訪れた時、
松后島の源大夫の家であったといい、
神道集では、熱田大明神が天降られた時、
宿を貸したのが記大夫神で、雑事を行ったのが源大夫神。
この源大夫が上知我麻神社の神で、
記大夫(紀大夫)が下知我麻神社の神。
源大夫と紀大夫は、一説には兄弟、一説には夫婦と考えられている。



事代主社

尾張國愛智郡 上知我麻神社
上知我麻神社(源大夫社)


大国主社

尾張國愛智郡 下知我麻神社
下知我麻神社

下知我麻神社社殿
(紀大夫社とも呼ぶ)

南の正門前の駐車場から右手に入ると、
日割御子神社があり、その北には孫若御子神社がある。
両社祭神と、境外社である高座結御子神社の祭神をあわせた三神は
熱田大神の御子神を祀る式内名神大社。

現在の日割御子神社・祭神は天忍穗耳尊
本宮の熱田大神(天照大神)の御子であるが、
一説には火の神、一説には日本武尊の御子神という。

孫若御子神社・祭神は、天忍穗耳尊の子である天火明命
つまり本宮の熱田大神(天照大神)の孫であるが、
一説には日本武尊の御子神、あるいは孫神、あるいは瓊々杵尊など。


尾張國愛智郡 日割御子神社 名神大
日割御子神社

尾張國愛智郡 孫若御子神社 名神大
孫若御子神社


日割御子神社社殿

境内にあった
眼鏡之碑の土偶


孫若御子神社社殿

孫若御子神社の北には、
東面した南新宮社と八子社。南面して曽志茂利社がある。
境内摂社である南新宮社は、熱田神宮唯一の朱塗りの社殿である。


曽志茂利社

八子社

南新宮社

もっと詳しい内容へ

最終更新日:2013/10/09
【 熱田神宮 その2 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市